座骨神経痛の痛み解消

広島県広島市 モリタ治療室 森田正則 院長


座骨神経痛の男性(52)の改善例を紹介します。

この男性は、冷房で体を冷やしたうえに重いものを持ち上げたりして腰痛が段々と悪化し、座骨神経痛に進展していました。

発症から2〜3日が経過しており背筋を真っ直ぐに伸ばすと痛くて歩きにくいため前かがみで歩行する状況でした。

実はこの男性、もともと腰椎に変形があり、椎間板が薄くなって椎骨がくっつき気味なため少し無理をしたり冷気に当たり続けると神経が圧迫されてジワジワと痛みが出始め、年に1〜2回は同様の症状をくり返しておられるのです。
施療は、鍼治療とビワ温熱パックを併用しました。

痛みを緩和しないと歩行姿勢が悪くなり腰痛もひどくなりますから、まず、痛みの患部にビワエキスを塗り、ラップを被せた上から遠赤外線ホットパックをのせて約10分温めました。
太股と下肢の2ヵ所に行ないますが、遠赤外線の温熱効果とビワエキスに含まれる鎮痛作用により、痛みが和らげられます。

そうしたうえで痛みの本体となっている腰の硬結部分に鍼治療を施すのです。

当院では、この施療を1日おきに行ないましたが、ご本人にはビワ温灸器を貸し出し、自宅で自己ケアを毎日して頂きました。
来院して施療を受けた日は、夜1回のみ。来院日以外の日は朝晩2回、欠かさずビワ温灸を自分で行なってもらうのです。

神経痛は、夜、ジワジワと痛みが出て眠れなくなり、それが影響して肩こりなど別の症状を引き起こすことも少なくありません。
無論、自身の痛みのことですから熱心に当てられたようですが、施療を開始して4回目(8日間)で殆ど痛みは取れました。

その後も再発予防を目的に半月ほどビワ温灸を続けたことで、すっかり改善しました。
ビワ温灸による自宅ケアがなければ、もっと時間が掛かったと思います。

昔はお灸をしてもらっていましたが、最近は痕が残ることが敬遠されたり、当てる部位によっては一人では難しい場合もあって自宅ではできないという方が増えています。

その意味でビワ温灸は手軽なうえに気持ちが良く、痕もつかず、しかも効果があがるので非常に優れていると思います。

◎モリタ治療室 (ご紹介はこちらです。)
広島県広島市安佐北区亀山南3−11−19
TEL:082−814−1880

◎「モリタ治療室」に関する体験談
  • ビワエキス入りジャガイモ湿布が有効

    『ビワと健康』  2005年10月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 座骨神経痛の痛み解消
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入