書籍・雑誌記事一覧

◎印は当会推薦の書籍です。最寄りの書店でお求め下さい。

「ビワの葉療法」に関する書籍



◎『ビワ療法のすすめ -月刊『ビワと健康』実例集-』
 ビワの葉温熱療法普及会・編
 (A5版・32ページ/250円:税別)


当会がこれまでに発行した『ビワと健康』の中から代表的な体験談14件を抜粋し、さらにビワの葉療法の活用法を用法・症状別にまとめた冊子です。
ビワの葉療法の具体的な活用法がよく分かります。
詳しくは「ビワ療法のすすめ」をご覧下さい。
(この冊子は書店では扱っていません。当会までご連絡いただければ郵送致します。送料:140円)



◎DVD『ビワの葉温灸・基本のツボ40分コース』
 ビワの葉温熱療法普及会・編
 (収録時間:約20分/1905円:税別)


ビワの葉温灸の「基本のツボ」への当て方を説明したDVDです。
具体的な温灸のやり方やポイントがよく分かります。
詳しくは「ビワの葉温灸・基本のツボ40分コース」をご覧下さい。
(このDVDは書店では扱っていません。当会までご連絡いただければ郵送致します。送料:140円)



◎『ビワの葉パワー健康法』
 帯津良一・古瀬政勝 共著
 廣済堂出版 (242ページ/810円:税別)


体験談、各種ビワの葉療法、ツボの取り方など、ビワの葉療法全般について説明されています。
電気式温灸器も紹介されています。
ガンに効果のある「ガン根点」など、ガン治療で有名な帯津三敬病院ならではの経験を踏まえた解説もあります。
(この本は書店で入手しづらくなっています。当会までご連絡いただければ郵送致します。送料:250円)



◎『ビワの葉療法全書』
 神谷富雄 著
 池田書店 (239ページ


下記『ビワの葉療法のすべて』の改訂増補版で、写真やイラストなども多く、読みやすく分かりやすい本です。
体験談、各種ビワの葉療法、ビワ温灸の具体的方法などビワの葉療法全般について詳しく解説しています。




◎『体によく効く ビワの葉温灸 ツボ療法』
 神谷富雄 著
 池田書店 (158ページ/1200円:税別)


各種ビワの葉療法と、ビワ温灸の具体的方法を症状別に詳しく解説しています。
各病状・症状について、ツボの位置だけでなく「症状と原因」と「治療上の注意」が載っています。
具体的にやってみたいという方にお薦めです。なお、体験談は載っていません。




◎『がん「五人の名医」に生かされて』
 長友明美 著
 コスモ21 (328ページ


『医者任せ』から『自分で治す』治療へと意識を転換した著者の実践した家庭でできる自然療法。
余命半年の宣告を受けてから30年の体験が赤裸々に綴られています。




○『奇跡のビワの葉療法』
 濱田観冏著
 啓明書房 (238ページ


ビワの葉療法の歴史、ビワ療法の効能・効果、ビワ温灸の方法、つぼの取り方、体験談など、詳しく説明されています。
1989年の発行なので、電気式温灸器についての言及はありません。



○『家庭でできる癌退治(ガンバスター)』
 中野愛彦著
 エヌイー出版 (221ページ


ガンの治療に目的を絞って東洋医学、食養生、ビワ療法の観点から具体的な方法を分かりやすく述べています。電気式温灸器についても詳しく説明されています。
入手については出版元(電話:04-7147-0263)までお問い合わせ下さい。



○『ガンの治療法はこれほどある』
 帯津良一・和田努
 実業の日本社 (197ページ


ガン治療で有名な帯津良一先生が、帯津三敬病院で行われているガンの治療法についてお話ししています。
その中でビワ葉温灸器についてもかなり詳しく説明されています。
(この本は絶版になっていますが、当会事務局に何冊か在庫があります。
 当会までご連絡いただければ郵送致します。送料:250円)





『改定 ビワの葉温灸療法のツボ』
 神谷富雄 編著
 KKロングセラーズ (104ページ


症状別に効果のあるツボが説明されていますので、手元にあると便利です。
(この本は絶版になっていますが、当会事務局に何冊か在庫があります。
 当会までご連絡いただければ郵送致します。送料:250円)

(上記『体によく効く ビワの葉温灸 ツボ療法』の旧版です)



『ビワの葉療法のすべて』
 神谷富雄 著
 池田書店 (206ページ


体験談、各種ビワの葉療法、ビワ温灸の具体的方法などビワの葉療法全般について解説しています。
なお、少し前の本なので電気式温灸器には触れられていません。
(この本は絶版になっていますが、当会事務局に何冊か在庫があります。
 当会までご連絡いただければ郵送致します。送料:250円)

(上記『ビワの葉療法全書』の旧版です)



○『民間茶薬効事典』
 船瀬俊介 著
 農村漁村文化協会 (343ページ)


明日葉茶、松葉茶、イチョウ茶など29種類の民間茶の特徴と効能を網羅。
当然、ビワ茶についての説明もあり、肩こり、ガン・白血病、関節通・腰痛、高血圧、糖尿病、冷え症、皮膚炎、
リウマチなどについては医学的にも効能が検証されていると述べています。



◎『新編 図解 よくわかる ツボ健康百科』
 川名律子 監修
 主婦と生活社 (255ページ/1300円:税別)


ビワ温灸に関する書籍ではありませんが、ツボについて詳しく説明されており、ツボの取り方もよく分かります。


「ビワの葉療法」に関する記事

(当会にご連絡いただければ、記事のコピーを一枚\50にてお分け致します)
  • 『はつらつ元気』 2014年7月号 (株)芸文社 
    血液をアルカリ性に切り替えて筋肉の緊張を解消!ひざ痛の改善例が相次ぐビワ葉温灸!

  • 『はつらつ元気』 2013年6月号 (株)芸文社 
    白内障、緑内障が大改善!視力アップ!古来より続く民間療法 ビワ温灸で目のトラブル一掃

  • 『はつらつ元気』 2013年3月号 (株)芸文社 
    古来から続く民間療法・ビワ葉温灸で血液活性&ツボ刺激! 白内障、緑内障、老眼が次々改善

  • 『月刊がん もっといい日』 2005年1月号 (株)日本医療情報出版 
    ビワの葉温熱療法で自然治癒力を高め痛みも取る

  • 『安心』 2003年10月号 (株)マキノ出版 
    パーキンソン病が温熱療法で驚くほど改善

  • 『安心』 2002年9月号 (株)マキノ出版 
    ガンの痛みを軽減し免疫力を高めるビワの葉温圧療法

  • 『安心』 2002年1月号 (株)マキノ出版 
    アトピー・肌のくすみ・乾燥肌を追放 ひざ痛・肩こり・イボまで消えた《ビワの葉ローション》

  • 『安心』 2001年11月号 (株)マキノ出版 
    《ビワの葉温圧》でガン、パーキンソン症が好転

  • 『安心』 2001年4月号 (株)マキノ出版 
    《ビワの葉茶》で花粉症・糖尿病・膀胱炎が治った 甲状腺の病気や多血症にも効いた

  • 『健康』 2000年3月号 (株)主婦の友社 
    (別冊付録)ビワの葉のお茶で15kgやせた!

  • 『医道の日本』 99年11月号 医道の日本社 
    突発性難聴とビワ温灸

  • 『月刊 手技療法』 99年8月号 たにぐち書店 
    老人保健施設のリハビリにおける「ビワの葉療法」

  • 『安心』 99年8月号 (株)マキノ出版 
    糖尿病・甲状腺障害が改善、ガン患者も延命、美味秘薬 ビワの葉の煮汁

  • 『医道の日本』 99年5月号 医道の日本社 
    ビワの葉療法 5

  • 『週刊新潮』 99年5月6・13日号 新潮社 
    よろず《医者いらず》 ビワの効用

  • 『健康』 99年3月号 主婦の友社 
    ビワの種の粉末で長年悩んでいた花粉症がピタッと止まった!

  • 『医道の日本』 99年1月号 医道の日本社 
    ビワの葉療法 4

  • 『健康』 98年12月号 主婦の友社 
    別冊付録:拳法で痛めたヒザの痛みがビワ酒マッサージで消えた

  • 『医道の日本』 98年11月号 医道の日本社 
    ビワの葉療法 3

  • 『健康』 98年11月号 主婦の友社 
    自律神経の乱れからくるせき込みが《ビワの種》ですっかりなくなった

  • 『医道の日本』 98年9月号 医道の日本社 
    ビワの葉療法 2

  • 『健康』 98年10月号 主婦の友社 
    《ビワの種》で宿便が出たら肌もきれいに……

  • 『壮快』 98年9月号(株)マイヘルス社 
    《ビワ酒》でひざ痛が素早く完治……

  • 『医道の日本』 98年7月号 医道の日本社 
    ビワの葉療法−ホリスティック医学

  • 『医道の日本 臨時増刊 1998』 医道の日本社 
    併用してみたい手技療法=ビワの葉温熱療法

  • 『月刊 手技療法』 98年7月号 たにぐち書店 
    セミナーレポート=枇杷の葉温熱療法講習会

  • 『痛みをとる大事典』 帯津良一編著 二見書房 
    ビワ葉温圧療法・ビワ葉温灸器療法

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 書籍・雑誌記事一覧
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入