座骨神経痛の改善例多し

大阪府堺市 かのう鍼灸整骨院 加納くに子 院長

坐骨神経痛の改善例がいくつかありますので紹介させて頂きます。

まず、本院に来られた50代半ばの女性は足をひきずるように歩かれとても痛そうでした。
この女性は、以前にも坐骨神経痛を患ったことがあるそうで今回も発症してから1、2週間が経過しどうにも我慢できなくなって当院を訪ねられたとのことでした。
「腰から足にかけてひきつる痛みがあって満足に歩けません」との訴えに、状態を確認すると特に右側に痛みが現われていました。

当院では、通常、鍼と灸を中心に施術を行ないます。短時間で効果を得るにはこの二つで十分ですが、なかには電療(低周波)を希望される方もおられます。
そういうときは、その方の症状に照らし合わせて応じていますが、併せてビワ温灸を行なうこともあります。
ビワ温灸は総じて受けがよく、補完の療法としてとても重宝しています。

この女性は神経痛が大変強く出ていましたのでとりあえず鍼、灸は控え、電療のあとにビワ温灸を行ない、最後に指圧的にマッサージを施しました。
電療と指圧を中心とした施術を続けましたが、当初の激しい痛みから考えると私の予想をはるかに超える早さで回復されました。回復に要した期間はほぼ半月、施術数にして10回を数えるか否かのスピード改善でした。
痛みが強い期間は毎日来院されていましたが、改善してからご本人が発した言葉は、「ビワ温灸がすごく気持ちが良かったし、あれが効いたように思います」というものでした。

長引く痺れにも有効

分院に来られた70歳くらいの男性は、腰から脚にかけてしびれ感を訴えられました。
こうしたしびれが伴う痛みは長引くケースが多く厄介なのですが、この方にもビワ温灸を施しました。

ビワエキスを温熱によって皮膚から体内に吸収させることで、ビワの含まれる薬効が働き改善を早めるというイメージを私は持っていますが、実際、この男性も比較的早い段階で改善がみられました。
腰から脚部にかけて毎日ビワ温灸を行なったところ、2週間ほどで「先生、楽になりました」と嬉しい報告を頂きました。
ほかに40代の男性で、足にしびれがあった方でも改善が見られました。

この男性の場合は鍼治療のあとでビワ温灸を行ないました。「気持ちがいい」との反応でしたが、コンスタントに続けていくうちに紫色だった足裏に変化が現れ、血色が良くなって血行不良の状態が短期間で改善されました。

今回報告させて頂いた神経痛以外に、五十肩、冷え症、腰痛などでもビワ温灸は威力を発揮しています。
ビワ温灸に対し、優れた療法としての手応えを日々強めています。

※座骨神経痛のツボはこちらをご覧下さい。

◎かのう鍼灸整骨院
大阪府堺市田出井町1−1−200 ベルマージュ堺203
TEL 072−221−7006

『ビワと健康』  2003年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 座骨神経痛の改善例多し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入