膝の痛みが軽減した

山口県徳山市 深町麻子 さん (75歳)


10年前、右膝の曲がりが悪くなり病院で診てもらったところ変形性膝関節症と診断されました。

痛みはなく、医師も「歳をとって出てきたものだから治りませんよ」というのでやむを得ないものと思って過ごしてきましたが、3年前から左膝に同じ症状が現れました。

右膝と違っていたのは歩くと膝がこわばり、曲げても力仕事をしても痛みがあることで、リハビリには通っていましたが回復の兆しは見られませんでした。

膝が痛むと腰にも負担がかかり、次第に症状は悪化していきました。
しかし、医師の見解は10年前の右膝同様、「元には戻りませんよ」というものでした。

目で見て変形しているのが分かるくらいですから確かに元に戻るとは思えませんが、せめて辛い症状が軽くならないものかと、もどかしく感じました。

うちの車はマニュアル車で、クラッチを踏み込もうとすると思わずイタッと声を上げるほど痛むため運転が不可能になりました。
やがて杖にすがらないと歩けなくなり、通院日のたびに夫に車で送ってもらうようになったのです。

やるせない日々を過ごすなか、友人が「ビワ温灸を受けてみたらいいよ」と「ビワキューヘルスさいとう」(紹介はこちらです)を紹介してくれました。

正直、半信半疑でしたがダメモトで行ってみることにしました。
斉藤先生はとても親切な方でした。そして、感動したのはビワ温灸の気持ち良さで、身体全体が温まり軽くなるのが分かりました。

「たった1回の温灸でこんなに身体が軽くなるのなら続けてみよう」
そう心に決めて通い始めると、回を重ねるごとに腰も楽になりますし、週1回ビワ温灸に通うのがすっかり楽しみになりました。

斉藤先生は、ビワ温灸とともに「両脚の付け根の部分をやさしく揉んでみてください」とか、「胸の真下のツボ(期門)を押してください」とか、その都度、分かりやすくアドバイスしてくださり、そのことも励みになりました。

ビワ温灸に通い始めて2年になります。
1年ほどブランクのあった車の運転も今では楽にこなせますし、膝も45度くらいまでは曲がるようになりました。

もちろん、痛みも違和感もありません。
今年に入ってからは畑仕事も少しずつできるようになり、主人も私の回復を喜んでくれています。

ちなみに、ビワの種も呑んでいますし、風呂上がりには膝にビワエキスを塗っています。
斉藤先生にも、紹介してくれた友人にも、心から感謝しています。

『ビワと健康』  2002年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 膝の痛みが軽減した
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入