交通事故の痛みが早期改善

新潟県三条市 佐藤愛 さん


今年の5月14日、青信号で横断していたところに左折してきた車が接触し、弾き飛ばされて右肩を痛めてしまいました。

偶然、様子を見ていた知人がすぐに救急車を呼んでくれましたが、私は気が動転し、立ち上がることすらできず、ストレッチャーにのせられて病院に搬送されました。

外傷は、腕と膝にすり傷がある程度でしたがレントゲン検査の結果、右肩が骨折していることが分かりました。
路上に手を突いた際に痛めたらしく、ヒビのような筋が写っていました。
入院には至らなかったものの「痛みがとれるのに2ヶ月かかるでしょう。でも肩は完全には元に戻らないと思いますよ」と医師から言い渡されました。

肩を固定され、痛み止めの座薬と湿布薬が処方されましたが、痛みに苦しみました。
夜、寝ていると特に痛み、決まって3時になると目が覚めるのです。

それでも、私としては座薬を用いることに抵抗がありましたし、湿布薬のほうも1週間ほどで止めてしまいました。

代わりに行ったのがビワ温灸です。
事故後、数日はできませんでしたが、もともと主人と一緒に毎朝5時から6時半までの1時間半、ビワ温灸を日課にしていました。

事故直後は主人に当ててもらうことが多かったのですが、徐々に改善が進むにつれ自分で当てられる範囲が広がりました。
ビワ温灸と補助食品のお陰だと思います。20日ほどで痛みが和らぎ、肩の固定がとれてからは事故以前のように腹部や肩など自分でほぼ全身に温灸を当てられるようになりました。

ヨガを続けていることも奏効したようでした。
事故から1ヶ月で痛みはなくなり、医師は「よくここまで回復したね」と感心していました。
もちろん、重い物を持たないよう気を付けていましたが、私の改善した様子を見て少しビワ温灸がおろそかになっていた方も感化され、熱心にやり始めたりと良い相乗効果も出ています。

お客さまからも「頑張って」と励まされ、家族も私の手となり足となって支えてくれました。
交通事故を通じて皆さまから助けられ生きていることをしみじみ感じ、まるで神様から与えられた事故だったのではないかと今では感謝しています。
これからは、ビワ温灸、ビワ療法の素晴らしさを伝えていくことを私の生きがいとしていきたいと思っています。
うちの店の一角ではビワ温灸の体験ができますし、ビワ葉エキスの作り方やビワの木の育て方等も紹介させていただいています。

ビワエキスの利用法は沢山あります。
例えば指の《ひょうそう》です。大鉢に氷を入れ、中央にビワエキスの原液を入れた小鉢を置き、そこに指を入れるとまたたく間に痛みが収まります。すごい力にびっくりします。

また、東城先生のお話にもありますが、お茶に少量のビワ酒を加えて楽しみながらいただいたり、玄米焼酎にビワ葉を漬けるとお酒が弱い方でも楽しめます。
ビワ療法について知りたい方、美味しい玄米を食べたい方、是非お電話下さいませ。

◎自然食品マルイチ
新潟県三条市旭町1−4−3
電話:0256−32−5231
※ビワ温灸体験料は1000円(予約制)です。
◎佐藤愛さんの体験談は他にもあります。こちらをご覧下さい。


『ビワと健康』  2002年9月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 交通事故の痛みが早期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入