父の座骨神経痛が改善

埼玉県さいたま市 小出真弓 さん (35歳)


私は、さいたま市在住の「バイト主婦」で1年半前から穀物菜食を勉強している健康オタクです。現在、ビワ療法を広めたいと指導員の資格を取得中です。

ビワ療法を始めてまだ日は浅いのですが、父親の病状回復を通じてビワの葉パワーを実感する体験をしましたので報告させていただきます。
岩手県水沢市に住む父は、胃潰瘍でしょっちゅう「胃の調子が悪い」とこぼしていましたから昨年12月に帰省した際、愛用の遠赤外線のビワ温灸器を持参しました。
胃に温灸を当ててあげるつもりでしたが、「左脚が痛い」と言うのです。

聞けば、病院で《座骨神経痛》と診断され、ここ数ヶ月痛みが出たり出なかったりを繰り返していたらしく、じっとしていると脚のもっていきどころがない表現しづらい痛さ、辛さにほとほと困っているとのこと。

「お父さん、ビワ温灸をしてあげるよ」
そう言ってみましたが「俺はそんなのはいい!」とまったく興味がない様子でした。

おそらく、こんな温灸ごときで痛みがとれるわけがないという気持ちだったのでしょう。それでも私は無理矢理痛みの箇所に温灸を当ててあげました。

いざ温灸を始めると「うん、気持ちいい」と好感触でした。
そこで、翌日からは父が入浴すると同時に温灸器のスイッチを入れ、お風呂から上がるとすぐに当てられるように準備して、「お父さん、当ててね」と頼むようにしました。

お風呂で温まった身体に10〜15分ほどのビワ温灸は効果的だったようで次第に痛みが緩和してきたらしく、そうなると本人が積極的に自分でエキスを入れたりエキスを注入したりするようになりました。

6日間の帰省でしたが、どうやら父も「ビワ温灸はよさそうだ」と感じたようでした。

自宅に戻って4日後、祖母が危篤との報せをうけ急遽再び帰省しました。
翌、12月27日に祖母が永眠し、お通夜や葬儀等で慌ただしい年末年始を過ごすことになりました。

もちろん、この間は父は整骨院に行ける状況ではなく、私が持参したビワ温灸器を毎日当てていました。
だいたい15分、ていねいに当てるときで30分くらいの施灸でしたが、ビワ温灸のおかげで忙しい年末年始を乗り切ることができ、そればかりか日に日に脚の痛みが消え楽になったのです。

父も大変気に入った様子でしたので、「これプレゼントするから、これからも毎日使ったら?」と勧めると、一言「俺も買う!」との返事でした。
年明け7日に発注し、翌日の8日にはビワ温灸器を父に送りました。
以来、簡単で気持ちが良く、効果があるビワ温灸器が手放せないそうで毎日愛用してくれています。

年が明けてから父はとりあえず1〜2回整骨院に行ったそうですが、整骨院に行ってもその日は良くても効果が持続せず、むしろビワ温灸の方が芯から痛みを取ってくれるとのことでした。

最初は聞く耳もたずといった感じだった父も、今ではすっかり痛みもなくなり元気に過ごしています。
この父の変化を目の当たりにして、私は以前にもまして周りの人にビワ温灸の素晴らしさを伝えたいと思うようになりました。

【連絡先】
〒336-0012 埼玉県さいたま市岸町3−15−7−105
電話・ファクス:048−831−3270
e-mail: koide@proof.ocn.ne.jp

◎小出真弓さんの記事は他にもあります。

生きた健康情報を発信

『ビワと健康』  2002年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 父の座骨神経痛が改善