ひかり堂 自然療法院

神奈川県横浜市旭区上白根町891 西ひかりが丘団地17−5−202
 TEL:045−954−5124


気は優しくて力持ち。この言葉がぴったりくる「ひかり堂 自然療法院」の池辺政昭院長は、少林寺拳法四段の武道家である。

整体やビワ温灸などの技術に加え、誠実な人柄がうけて身も心も癒されると評判だ。相手の事情に合わせて出張の施術にも応じる池辺院長のトレードマークは《ほぐし地蔵》だそうで、まさにその風貌と符合する。

会話をしているだけで元気が湧いてくる魅力溢れる治療家。話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    学生時代から少林寺拳法をやっていますが、そこで整法を学んだことがきっかけになりました。武道は大抵、武術と医術が表裏一体になっています。インドでは古来より武術・医術・宗教を一つとして、それを極めた人が聖者と呼ばれ尊敬されてきました。

  • かなり武道が好きなんですね。
    そうですね。少林寺拳法15年、テコンドー5年、八光流柔術3年、居合道1年、今年から杖術も始めました。武術の極意動作を研究することは、健康の仕事に携わるうえで非常に役立ちます。

  • どう役立ちますか?
    人の立ち居振る舞いにはその人の健康状態や生き方が現れます。いくら施術をしても姿勢が悪いと再び病んでしまう。姿勢や生活習慣、心の持ち方を正してこそ本当の健康になれるわけです。武道を通じて的確な施術やアドバイスができますし、何より治療家自身が健康であることは必須条件です。日々鍛錬していますよ。

  • どんな施術が受けられますか?
    整体、リラックスマッサージ、ビワ温灸、足のオイルマッサージなどです。症状に応じて組み合わせています。

  • 出張の施術もされるそうですね。
    高齢、重症、遠方、多忙など事情を抱えている方は多いですから訪問による施術も行っています。当院から1時間圏内なら、夜中24時まで対応しています。可能な限りニーズにお応えします。

  • ビワ温灸導入の経緯は?
    整体を学んだ際、棒モグサのビワ温灸に出会いました。しばらくセラミック灸を用いていましたが、7年前に遠赤外線の温灸器に切り替えました。ホットパックを併用したビワエキス湿布も効果をあげています。

  • 改善例を紹介してください。
    乳ガンの転移から肺ガンを患った50代の方がビワ温灸、ビワ茶、ビワ風呂を続けてガン細胞がほとんど消えた例があります。ほかに肩こり、腰痛、膝痛、ムチウチ、五十肩、喘息など一般的な症状でも改善は顕著です。ビワ温灸は痛みの緩和、軽減が速いうえ自然療法という安心感やリラクゼーション効果が皆さんにうけています。

  • 信条をお願いします。
    私のトレードマークは《ほくし地蔵》です。道標であるお地蔵様は弥勒菩薩への案内役だそうです。身体と心をほぐし、健康に導いてあげられることが私にとって一番の生きがいです。どうぞ、お気軽にご相談ください。もちろん、出向いても行きますよ。

(池辺院長の体験談)
  • 膝の痛みに指圧と温灸

  • 『ビワと健康』  2002年3月15日号)
    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > ひかり堂 自然療法院
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入