尋常性乾癬が劇的に改善

栃木県足利市堀込町 ヘイル鍼灸院 酒井宣久院長 (55歳)

54歳の男性の皮膚疾患で良い改善例がみられましたので報告します。
尋常性乾癬と呼ばれる症状が足(ふくらはぎ)、お尻(臀部)、背中、手の4ヶ所に出ていました。
足とお尻は500円玉が横に幾つも繋がったような形でかなり大きく、背中と手は小指の先くらいのものがポツポツできていました。

治癒が難しいとされるこの病気ですが、やはり本人によると20年来の症状で、ステロイド剤を塗ると一時的には改善するもののストレスが溜まってくると再び悪化するという繰り返しだったそうです。色白の方なので余計に目立つ感じでした。

当初、この男性は首の痛みで来院しました。背中にあるカク兪、肝兪、脾兪など《血》に関わるツボが硬くこっていました。
アトピー性皮膚炎や湿疹等のできやすい人は感覚的に血が熱い感じがします。それらの人には冷ます治療を施しますが、鍼にしてもビワ温灸にしても患部を局所的に攻めるやり方はあまりしません。
この男性も同様の体質に見受けられたので、全身治療を行いました。

鍼とビワ温灸を併用し、週1回のペースで施術しましたが、3回目の施術時には明らかに患部の範囲が縮まっていました。
私はあえてそれには触れませんでした。しかし、本人も気づいていました。
施術を重ねるたびにまるで擦り傷のかさぶたが取れるように周りから新しくきれいな皮膚が再生してきて、3ヵ月が経った現在では、お尻の患部こそ大きめですがあとはみごとに退縮し、足はほとんど目立たなくなりました。

ステロイド剤で症状は抑えられても今回ほどの改善はかつて一度も得られなかったとのことです。
長年の悩みだっただけに喜びもひとしおで、鍼とビワ温灸で劇的に改善したことを内科の医師に伝えたところ、その医師は意外に大らかで「治れば何だっていい」と一緒に喜んでくれたそうです。

鍼治療にも大きな役割を果たすビワ温灸

この男性の場合、症状そのものにビワの効果を実感しましたが、ビワ温灸の良さは筋肉の痛みを緩和することでも発揮されます。
各種症状により鍼を強く打つことがありますが、その場合、筋肉に疲れのような痛みが翌日まで残ることがあります。
痛みが残ると施術を1日あけることになりますが、鍼治療後にビワ温灸を行うと痛みが残らず、連続治療が可能になるのです。
痛みを伴わず、それでいて早く改善が得られるのでとても好評です。
そういう意味でもビワ温灸は欠くことのできない施術法となっています。
ヘイル鍼灸院
栃木県足利市堀込町3209−2
電話:0284−71−8354
(http://www1.ttcn.ne.jp/~hale/)

◎「ヘイル鍼灸院」の体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2000年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 尋常性乾癬が劇的に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入