耳鳴りに効果てきめん

栃木県足利市 ヘイル鍼灸院 酒井宣久 院長


耳鳴りの症状で宇都宮市から来られた男性(34)は、当院のホームページを見たそうでビワ温灸を用いた治療を希望されました。

1ヶ月ほど前から「キーン」という音が聞こえ始め、耳鼻科で診てもらったところ高音域の低下と診断され、医師から「アレルギーじゃないの?」と軽く言われたそうです。
本人にとってはとても深刻で、薬は処方されたものの嫌になり、どこか良い所はないかと探したとのことでした。
足利市と宇都宮市は結構距離があるため通院可能か尋ねたところ高速を使って通うとのことでした。

初回、問診ではキーンと音が鳴っているときは全体的に聞こえが悪くなるらしく、とくに右側が強く出ているとのことでした。
目まいはなく、吐き気もなし。ただ、トライアスロンをするスポーツマンで体を冷やしていることが気になっているようでした。

耳鼻科の医師が話したようにこの方は花粉症もありましたから、鼻から耳に感染すると一時的に難聴になることも考えられましたが、まず経絡テストをしてみました。
手足の末端のツボに計測器を当ててどこの経絡が弱っているのかをチェックするのですが、右の腎臓が最も強く出ていました。
そこで、基本的には腎虚の治療と局所的に耳に入る経絡・胆経のツボを取穴することにしました。
通常では耳の後ろの胆経を用いますが、この方の場合はその上の「竅陰」が肉が弛んでいるような瘀血がみられたので、そこを中心に「聴宮」「完骨」「天柱」「天井」のツボを、さらに手足の腎虚のツボを鍼治療しました。

そのあとで、ビワ温灸を首の周り、肩、耳の周り、耳の穴に施しました。
初回の治療直後は変化は見られませんでしたが、翌日は1日耳鳴りが止まり、その次の日から再び症状が出たとのことでした。
1週間後、2回目の治療をしました。遠方から来られているので少しでも早く改善するよう初回同様しっかり治療をしました。
同時に両肩が非常にこっていたのでそこにも治療を施しました。1時間を超えていたと思いますが、このときからグンと良くなっていきました。
10日後に3回目の治療を行ないました。3回目は左肩も治療をし、ビワ温灸は最終的に右の「完骨」「翳風」「竅陰」など耳の周りと、胸鎖乳突筋が少し硬かったので丁寧に当て、さらに右の首周りと左の肩にも当てました。
術後、殆ど症状は解消し、本人もこれで大丈夫と思えたので終了としました。

肩こりでこられた方が、肩こりが取れると耳の聞こえも良くなったというケースは良くありますが、耳鳴りが主訴で来られた人の中では、この男性は速い改善でした。
年齢が若いのと早期に来られたことも奏効の理由と考えられますが、やはりビワ温灸の併用の効果は大きかったと思われます。

ヘイル鍼灸院
栃木県足利市堀込町3209−2
電話:0284−71−8354
(http://www1.ttcn.ne.jp/~hale/)

◎「ヘイル鍼灸院」の体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2008年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 耳鳴りに効果てきめん
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入