腰痛、便秘、耳鳴りにも

東京都調布市 石川 恭 さん (93歳)

あまり身体が丈夫でないのに7人の子供を育てた影響からか、70歳のころ骨粗鬆症と診断され、以来、身体の調子の芳しくない状態が続いています。

骨粗鬆症の治療では肩にカルシウムを注射しましたが、今もって効果はよく分かりません。
また悪性の貧血にも悩まされ、歩くことが困難でトイレに這って行った時期すらありました。

そうした事情から健康には人一倍気をつかってきましたが、昨年1月、主人が他界したのと前後して体調を崩してしまいました。

精神的なダメージばかりか運悪く転倒してしまい、腰痛で寝返りをうつことさえ難しく杖をつかざるを得なくなりました。

それまで不眠症で睡眠薬と便秘薬を常用してきましたが、さらに鎮痛剤を服用するようになりました。しかし、なかなか痛みは収まらず辛い日々を過ごしていました。

今年3月、娘から事情を聞いたビワライフの滝本先生が、足首まで浸かる足湯を紹介してくれました。(※「ビワライフ」のご紹介はこちらです。)

痛みの原因として冷えが影響しているとのことでしたが、足湯を1ヶ月続けたあたりでシビレがなくなり、腰痛も徐々に和らぎました。
5月に入り、遠赤外線のビワ温灸を紹介してもらいました。ビワ温灸器は簡単に扱え、基本のツボを中心に毎日当てるようにしました。痛みのあるうちは1日3回、痛みが緩和してからは1日1回当てました。

効果は如実でした。
まず、長年の便秘の悩みから解放されました。毎日排便があり、便秘薬が必要なくなったのです。
また、昔から耳鳴りがひどく、ガーッという音でテレビのボリュームを大きくしていましたが、普通の音量で聞けるようになったのです。
もちろん腰の痛みにも有効でした。ビワ温灸を始めて1ヶ月経たないうちに杖を使わず1人で外泊できるまで回復しました。

子供や孫も大喜び

朝6時に起きてビワ温灸を40分、足湯を15分、足裏マッサージを10分行うのが私の日課です。
時々、子供や孫が訪ねてきますが、みんな「ビワ温灸は気持ちいい」と当てていきます。
特に65歳の次女は、赤ん坊のときから耳が悪く補聴器を使っていますが、2週間に1回の割合でビワ温灸を行っています。
1回目の温灸で痛みが取れたことで良さを実感したらしく、最近は来るたびに「とても調子がいいわ」と嬉しそうに話します。
歳をとった身体には優しい療法が有り難く、その意味で、足湯やビワ温灸は私にぴったりの療法だったと感謝しています。

『ビワと健康』  2000年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰痛、便秘、耳鳴りにも
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入