三愛治療院

埼玉県南埼玉郡菖蒲町大字上大崎448−1 TEL:0480−85−1520


更年期特有の諸症状や神経質で繊細な人にも適した古方派はり・灸術を用いて治療実績を上げる三愛治療院にビワの葉温灸が導入された。

「個々の波長に合った《気持ち良い》施術をしたかった」と語る清水栄子院主の希望にビワ温灸がもつ《優しさ》が応え、いまやビワの葉パワー健康コースとしてしっかり定着しているという。

ベテラン治療家がビワ温灸を導入するに至った経緯やその効果等について聞いてみた。

  • 新しい治療院ですね。
    昨年11月に完成しました。自然に包まれた癒しの空間を意識して内壁には自然の木を多用し、強制換気システムの導入で空気も常にろ過しています。治療には人と人のコミュニケーションが不可欠ですが、外部環境もまた大切な要素だと思います。

  • 治療家の道を選択した理由は?
    21歳のとき交通事故に遭い頭蓋骨骨折とムチウチを患いました。1年半後に後遺症が出始め、記憶が途絶えるほどの痛みが半年くらい続きました。
    沢山の治療院を訪ねた末、古典的鍼治療を行なう先生と出会い、ようやく回復をみたのです。その回復はあまりに劇的で、感激した私は即座に鍼灸師の道を選択し、27歳で開業しました。

  • ビワ療法はいかがですか?
    とてもいいですね。
    若い時分は病気を治したい一心から学術的、理論的に追究しましたが、年を経るにつれ治療はシンプルになりました。鍼がメインですが、ビワ温灸は身体に《やさしい療法》で低周波など電気的な治療が苦手な人にも大丈夫です。補瀉迎随(ほしゃげいずい)、陰経を補う上で効力を発揮し、気を補う《補気》に優れています。

  • どのような症状に効果的ですか?
    導入から日が浅いため鍼灸ほど劇的な症例はまだありませんが、腰痛、肩こり、更年期生涯、神経症など様々な症状でビワ温灸を用いると回復が早い気がします。各種療法と組み合わせたビワの葉パワー健康法のコースは、3コースとも好評です。

  • 得意とする治療は?
    事故の後遺症や更年期障害などですね。自身の経験と女性ならではということです。
    また、頚椎のずれで両手足が動かなくなった方が回復したり、狭心症の発作が収まったりと、20年近くやっていると劇的な事例もありますが、鍼の場合はメニエール病など首から上の病気に特に効果を発揮します。

  • 最後に信条をひとこと。
    三愛精神です。天を愛し、地を愛し、人を愛すること。治療は癒すことが原点で、治そうとしているうちは治らないといわれます。また、祈りのない治療もダメだと言います。最善であることを願い努力しています。

◎「三愛治療院」に関する体験談
『ビワと健康』  2000年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 三愛治療院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入