呼吸器系疾患に有効

埼玉県南埼玉郡 三愛治療院 清水栄子 院長


ビワ温灸は肺の病気に有効と言われますが、気管支喘息ではないものの呼吸器系に疾患のある50代前半の女性が、灸頭鍼とビワ温灸の併用で症状が収まっています。

もともとこの女性は膝痛や腰痛、肩こり等の症状で10年ほど当院に通われている主婦の方です。

特にアレルギー体質ではありませんが、風邪をひいたり疲労が溜まるとたちどころにヒューヒューと抜けるような喘鳴を発します。

そういうとき、灸頭鍼の前にビワ温灸を鎖骨の下や「胸線」などを中心に15分ほど当てると施療が終わるころにはきれいに喘鳴が収まり、暫くは楽に過ごすことができます。

この女性の場合、生活習慣に起因する部分もあってなかなか完治に至りませんが、1週間くらいは大丈夫なようです。
ビワ温灸は温かくて気持ちが良いので、施療時はいつも眠っておられます。

悪性腫瘍の末期で全身に転移していた女性(80)は痛みが激しかったのですが、ビワ温灸を施すことで3日間全く痛みが出ませんでした。
膀胱炎を頻繁にくり返していた女性(60)は、ビワ温灸器を購入されました。扱い方を指導し、膀胱炎のツボとして「中極」「足の三里」「陽陵泉」「三陰交」「太谿」「太衝」などに自分で温圧を行ない、来院時には全体治療を行なうことで膀胱炎にかからなくなりました。
更年期障害が絡んだ軽い目まいがあった女性(50歳くらい)は、ビワ温灸を当てる側から改善が得られました。
ビワ温灸は心地が良いので自律神経が安定する働きが強く、特に「百会」や耳の周辺は有効です。

引き吊り、肝炎、マヒ

筋肉にガンが出来る珍しい肉腫にかかった30代後半の女性は、左足の筋肉を何本も切除する手術を受けましたが術後の引き吊りが激しく、痛みを訴えていました。

引きつった患部にビワ温灸を施すことで痛みが軽減し、2ヶ月ほどで引き吊りが完全に無くなり仕事に復帰されました。
術後の引き吊りに関しては、この方に限らず例えば開腹手術をした人でも治りが速く、喜ばれます。

肝炎で、疲労が溜まると痛みが出て辛いという女性(60代前半)も、肝臓の後ろ側にビワ温灸を行なうと痛みが収まり、楽になりました。
顔面神経マヒの男性(60代半ば)も顔面神経痛のツボにビワ温灸を施すことで改善しました。

リウマチ、安産、脱毛

リウマチには打ち抜き灸が効果的です。
リウマチにも個人差がありますが、手根管症候群と合併して右腕が棒のように固まってしわがなくなり、指が殆ど動かせなくなっていた女性(50代後半)は、「内関」と「外関」、「ゲキ門」と「温溜」、「照海」と「曲池」などに打ち抜き灸を行なうことで、半年ほどで元どおりの手に戻りました。

鍼との併用で徐々に改善が進みましたが、まるでグローブのようだった当初の症状から考えると2週間に1回の施療頻度で、早期の改善だったといえます。

妊婦さんには安産のツボをよく用います。お腹の張りや重苦しさが取れるので喜ばれます。腰痛にも当てますが、ビワ温灸の良さの一つは妊婦さんにも当てられる安全性にあります。

ひどい円形脱毛症の女性(30代後半)も2、3ヶ月で頭髪が生えてきました。
左の後頭部が広範に禿げていましたが、ビワ温灸を併用した全身治療を月1〜2回行なうことで改善したのです。
脱毛の人は皮膚が突っ張っていますが、ビワ温灸はよく対応します。自律神経の調整やホルモン調整が大切な病気ですから、ビワ温灸の癒される感覚は非常に有効です。

◎三愛治療院(ご紹介はこちらです。)
埼玉県南埼玉郡菖蒲町大字上大崎448−1
TEL:0480−85−1520

『ビワと健康』  2006年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 呼吸器系疾患に有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入