高血圧と動悸が温灸で改善

東京都練馬区 上村和子 さん (56歳)


ビワ療法と出会って3年近くなりますが、ビワ温灸を始めたのと前後して非常に体調の悪い時期があり、血圧が上がって動悸が激しくなりました。

レントゲン撮影で胸部に影が見つかり、大学病院でも診てもらいました。

思えば動悸が始まる4〜5ヶ月前から細かい咳が続いていたのを「風邪が抜け切らないのだろう」と軽く考えているうちに胸がもやもやし始めたのです。

検査結果は、体調の悪さとは裏腹に「異常なし」とのことでした。

どうも腑に落ちず、知人を通じて知った帯津三敬病院を訪ねました。
そこでは喀痰検査やツベルクリン反応、腫瘍マーカーなどの検査を受けたのですが、ツベルクリンの反応が大きく、腫瘍マーカーでも高い数値が出ていました。

黒ではないが白とも言えない。…灰色。不安な状態が3ヶ月ほど続き、その間、薬は呑まずに毎日ビワ温灸を行ないました。

就寝前の30分、『ビワと健康』に載っていた肺ガンのツボを参考に、胸、首、手、足などに温灸を行ない、併せてビワの種も1日10粒食べました。

次第に咳が出なくなり、血圧も落ち着いて治癒力が高まっていくのを感じましたが、この感触は正しかったようで、最終的にMRIの検査で問題ないことを確認できました。
最悪時には血痰のようなものも出ていましたから、本当に際どい状態にあったのだと思うのです。

以来、ビワ温灸を続けており、疲れるとビワの種も食べています。
娘のあごにできたニキビでも、病院の薬ではなかなか治らなかったものが温灸を当て始めて1週間で膿が出て良くなったこともあり、家族で愛用しています。

『ビワと健康』  2000年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 高血圧と動悸が温灸で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入