吸玉の水ぶくれにビワ温灸

群馬県甘薬郡 久保妙子 さん (47歳)

病院の治療以外にもすぐれた療法は沢山ありますが、私は体調が思わしくないとき吸引療法を受けることにしています。

出産後の乳腺炎を散らしてもらったのがきっかけで、以来、下痢をしやすいこともあって20年間お世話になっています。
この吸引療法とともに、最近はビワの葉療法を行なうようになりました。

3ヶ月前、身内に不幸がありました。
泣いてばかりいたのと疲労が重なり、右目の角膜に潰瘍ができてしまいました。

3年前に交通事故で右目周辺を手術したことも影響していたかも知れません。真っ赤に充血した目で治療院を訪ね、吸引の施術を受けました。
一度目の施術でずいぶん楽になりましたが、2日後の施術では背中に11ヶ所も水ぶくれができてしまい、目の具合も悪化した感じになりました。

施術後、水ぶくれができることは珍しくありません。大抵は、水ぶくれの上からさらに吸引を行なえば治ってしまいます。
しかし、11ヶ所というのはあまりに数が多く、痛みもあって再度施術を受けるのは躊躇しました。

ちょうどビワ温灸器をレンタルで使っていた時でしたので、業者の方に状況を話したところ「ビワの葉エキスを塗って温灸をしてみては…」とアドバイスをいただきました。

ただ、エキスは刺激が強いので最初はビワの葉茶が良いでしょうとのことでしたから、2日間はビワの葉茶を塗り、水包が乾き始めた3日目からエキスを塗って温灸を始めました。

これが正解でした。
痛みがないうえ4日目にはかさぶた状になり、意外に早く水ぶくれは治りました。

思えば10年前、当時小学生だった娘がお風呂上がりにストーブにお尻をくっつけて火傷をしたことがありましたが、その時は吸引療法の先生にビワの葉エキスを塗ってもらって跡形なくきれいに治ったことがありました。

また、ブランコに乗っていて生爪を剥がしたときもビワの葉エキスで治した経験があったのです。
それに、母が風邪をひいて2週間も治り切らずに咳をしていた時は首や胸にビワの葉エキスを塗ってタオルを巻いて寝ましたが、これも一晩で楽になるなどビワの葉療法で助けられたことが結構あったことに気付きました。

『ビワの葉パワー健康法』という本でビワの良さを確信した私は、今ではほとんど毎日温灸を当てていますが、温灸を行った翌日は明らかに身体が楽なのがわかります。(書籍に関する情報はこちらをご覧下さい。)

自宅で当てられ、しかも効果がすぐに実感できる点がこの療法の最も気に入っているところです。

『ビワと健康』  99年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 吸玉の水ぶくれにビワ温灸