肺ガンのツボにビワ温灸

青森県 Tさん (女性・59歳)


平成4年に乳ガンの手術をしました。

乳ガンが判る1年ほど前から背中に痛みがあり、毎日湿布をして痛みを和らげていましたが、それほど重い病気にかかっているとは考えてもみませんでした。

医師から「手術をすれば99.9%転移はない」と太鼓判を押され、手術を承諾しました。

手術は無事終わり、術後の経過も順調で薬一つ処方される訳でもなく、6ヶ月に1回検診を受けるだけで良いことになりました。
これでもう治ったものと安心していました。

しかし、昨年春に肺への転移が判明し、前回と違って手術できないとのことで、点滴による抗ガン剤治療を受けるため入院を余儀なくされました。
6ヶ月間、入院生活を送りましたが、入院直前に知人からキチン・キトサンを紹介されました。

「抗ガン剤の副作用を抑えてくれるわよ」との言葉を信じて続けたところ、実際に入院期間中は副作用らしき症状はほとんど出ませんでした。
多少の微熱や一度だけ気持ちが悪くて食事ができなかった以外は何ら健康な状態と変わらず、毎週、金土日の3日間は自宅に帰って家事をこなせたのです。

玄米食を始めたのも良かったと思います。私の場合、数種類の雑穀を混ぜ、さらに黒ゴマを沢山ふりかけますが、まるでお赤飯のように美味しくいただけます。

医者から見放された

ずっと順調でしたが退院2ヶ月前頃から腫瘍が成長し始め、やむを得ず強い抗ガン剤を使うことになりました。
医師の話では「10人のうち3人は効くから…」とのことでした。

しかし、私はその3人には入れませんでした。
小さくなるどころかレントゲンの度に少しずつ大きくなっていったのです。

不安が募る日々でしたが、入院6ヶ月を迎えたある日、信じがたい出来事に直面しました。
担当医が遠回しに退院を勧めてきたのです。

まさかと思い「退院ですか?」と確認すると、そうだとばかりにうなずき、看護婦まで「いつまでもここにいても、仕方ないんじゃない」と言うのです。
自分がこんな病気になるとは思ってもいませんでした。まして信頼する医師から見放されるなど全く予想もしないことでした。

ガンの増殖がストップ

真っ暗な気持ちで退院しましたが、直後に知人がビワの葉温灸を勧めてくれました。
彼女自身、腫瘍があって帯津三敬病院にお世話になっているのですが「ガン細胞は熱に弱いからビワの葉温灸がいいわよ」というのです。
その言葉に励まされ、毎日1時間、『ビワと健康』に載っていた肺ガンのツボに温灸を当てました。(肺ガンのツボはこちらをご覧下さい。)

また、ビワの種の錠剤タイプが出たことを知り、これも呑み始めました。
ビワの種を呑むと疲労感が違います。

玄米食、漢方薬、ビワ療法、そして服用の抗ガン剤。
この4つが退院後に私が行なっている治療ですが、月に1度の検査では不思議とガン細胞の増殖がストップしたままです。

ガンは《絶対に治す》という気迫が必要という人もいますが、私はそんなに気張らず、のんびりと音楽を聞いたり、庭の草取りをしたりして過ごしています。

こんな恐ろしい病気にかかっているのに、まわりからその時々にあった療法を教わり、痛みや苦しみがなく普通に過ごせるのは、つくづく幸運なことだと感謝しています。

『ビワと健康』  99年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺ガンのツボにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入