眼精疲労で即効性を実感

埼玉県鴻巣市 関口政子 さん (86歳)

終戦直後に主人と二人で始めた人形の卸業は、お陰様で50余年の歳月を経て息子の代に移り、40〜50人の従業員を抱えるまでになりました。

仕事柄、若い時分には重い荷物を運ぶことが多かったため、70の歳を数える頃から腰に重さを感じるようになりました。
お風呂で腰を温めると余計に重さが増し、自宅と会社のわずか50mの距離を2〜3往復するだけで寝込むほど辛くなりました。
検査の結果、脊髄の第三、第四、第五関節の軟骨がすり減っていることが判明し、手術を勧められました。
しかし、手術は断り電気を使った民間の温熱療法で改善を図りました。
朝は5時から始めて昼も夜も熱心に行ったところ、10日ほどで見違えるほど楽になりました。
私は昔から病院が苦手で、立派な鍼の先生に出会ったこともあって、肩こりや疲労、風邪などで体調を崩すと決まって鍼灸院等のお世話になっています。

現在は三愛治療院にお世話になっており、こちらの先生の腕前も相当なもので、細い鍼を使って行われる治療を受けると身体全体が軽くなります。(三愛治療院のご紹介はこちらをご覧ください。)

この治療院で、最近導入されたのがビワの葉温灸です。遠赤外線を使った温灸器による施術は非常に気持ちが良く、40代で肺結核を患った私は今でも咳持ちですが、喉や肺などに当ててもらうと調子が良くなります。

また、眼精疲労では即効性を実感します。「百会」「上星」「陽白」「客主人」など頭部のツボに温灸を施されると、たちまち目のかすみが取れ、温灸を当て終わる頃にははっきりと見えてくるのです。
年齢のせいか持続時間は短いのですが、それでも温灸のたびに爽快です。

私の場合、20年来の温熱療法との併用ですからビワの葉温灸のみが効いているとは言えません。
それでもビワの葉の素晴らしさは以前から知っていて、近所で生葉を分けていただいたこともあるくらいで、自分でも手軽にできる温灸器に出会えたことは幸運だったと喜んでいます。

『ビワと健康』  99年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 眼精疲労で即効性を実感
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入