抗ガン剤の副作用を軽減

東京都府中市 川合真由美 さん (62歳)

悪性リンパ腫という病気にかかり5年になります。
7ヶ月間入院し、2年間通院生活を送った後に職場復帰を果たしましたが、1年後に再発しました。

一昨年1月に再入院し、去年11月に退院しました。抗ガン剤で最も強いとされるアドレナマイシンを続け、副作用で苦しみました。

一般的平均値で許容量の半分くらい抗ガン剤を投与した時点で、突如、心筋が働かなくなり血液が溢れてしまいました。

うっ血性心不全…。筋肉の3分の2が機能しなくなり、残った3分の1の筋肉で生きていかざるを得なくなりました。

元来、運動好きですが、今は15分歩くのがやっとです。
しかし、辛いからといって運動をしないのも良くありません。第二の心臓といわれる足が弱ると、心臓に負担がかかるからです。
先日、真鶴まで温泉旅行に行きました。体に適度な負荷を与えるための旅行でしたが、正直、きつくて疲れました。

私は持病として、食べ過ぎたり過労気味になると胃痛が起こりますが、この時も胃が痛みました。
つくづくビワの温灸器を持参しておけば良かったと後悔しました。

私がビワの葉療法を始めたきっかけは、帯津良一先生の著書『枇杷の葉パワー健康法』を読んだことにあります。(書籍についての情報はこちらをご覧下さい。)
悪性ガンと5年も闘っていれば、”効く”といわれるものはいくつも試していますし、健康関連の本もたくさん読んでいます。
その中で帯津先生の著書は大変素晴らしく、結局、丸山ワクチンとビワの葉療法を選択しました。

ビワの葉温灸は、初め棒もぐさを使いました。一歩も外出できないほど体調が悪い時期、妹が呼吸器系のツボに当ててくれ、わずか3回で息切れが治ったことがありました。
妹が体調を崩して以来、電気式の温灸器を購入して自分で当てています。
背中には当てにくいため、手や腹部、足などのツボに当てていますが、非常に即効性があります。

抗ガン剤の副作用を和らげるばかりか、頭痛、胃痛、結腸による左下腹部の痛みを取ってくれます。
腹部の痛みには新薬が効きますが副作用が心配です。かといって漢方薬だと効果は1日遅れです。その点、ビワの葉温灸だと副作用の心配がないうえすぐに効き目が現れます。
何人か知人にも紹介してあげましたが、特に脳腫瘍の友人は、あらゆる薬を呑み続けて相当胃を痛めていて、「ビワを当てていると胃腸の調子がいいよ」と喜んでくれました。

退院から5ヶ月が過ぎ、生活のリズムがつかめて楽になってきました。
しかし、心理的要因も影響し興奮すると具合が悪くなります。
アドレナリンが大量に出て心臓に血液が集まり過ぎるからです。

私の趣味は、コンサート会場でロックバンドの生演奏を聞くことです。座って観ていられるようなものではないため、今は行くことが出来ません。
それでもビワの葉温灸で体調を整え、様々なことに挑戦できるよう頑張りたいと思っています。

『ビワと健康』  99年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 抗ガン剤の副作用を軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入