サロン クローバー

東京都渋谷区千駄ヶ谷5−17−2 パレス北参道105 TEL:03−3883−3585


JR山手線の代々木駅から徒歩5分、新宿駅からも10数分という都内でも交通至便な場所にサロン クローバーがある。
ところが店の周囲は、大都会の真ん中であることを忘れさせる静かな住宅地だ。近くには緑豊かな新宿御苑もある絶好のロケーション。

オーナーの小倉加洋子さんがサロンを始めめたのは20年近く前。
1年後、妹の由美子さんが美容室を辞めて店に入り、以来、姉妹2人で続けてきた。

店内に入ると、施術のためのベッドが2台。さらに手作りのシルク製品や天然石、肌の弱い人のための化粧品、薬草茶、そしてビワ製品が所狭しと並んでいる。店の片隅には機織り機もあり、見ているだけで楽しくなる。
最初は普通のエステサロンだったが、由美子さんが天然石の仕事を始めたのを皮切りに、フェイシャルを取り入れたり、いい商品を取り入れたしていくうちに、今のような形になったという。

今のメインはスパイラルセラピー。人工的にゼロ磁場を作る機械を使い、繊細な振動が筋肉の緊張をほぐし、歪んだ骨格を整える。
これに体を温める要素としてビワによる温熱療法を取り入れた。
最初、佳洋子さんが自分でビワの葉を使ったコンニャク湿布をしたところ、スパイラルセラピーとの相性が抜群だったという。ただ、店で使うにはビワの葉は心許ないと思い、いろいろ探して出会ったのがビワ温灸器だった。
試しにお客さんに使ってみたところ非常に好評で、ほとんどの人がリピーターになったという。ビワ温灸をした後にスパイラルセラピーをすると、すごく体調がよくなるのを実感するそうだ。
加洋子さんたちもすっかりビワが気に入って、ビワ茶や種、粉末なども扱うようになった。

クローバーでは、由美子さんが機織り機で織ったシルクの布を薬草で染めて作ったタオルなどのシルク製品も人気だ。
これも今はビワとアカネがメインとのこと。
「衣服は大切です。衣料は医療から来ていて、昔は藍染めなど体を治すためのものだったそうです」と加洋子さん。
市販の化繊の服を着ていたときは疲れやすく、3人ほど施術すると肩が重くなっていたのに、手織りのシルクを身につけるようになってからは体がとても楽になったそうだ。
加洋子さんによれば、「ビワやアカネで染めたシルクのブランケットを体に巻くと、一回冷たくなり、それから温かくなるんです」とのこと。自立神経を調整しているのだろうという。
そして不思議なことに、体の悪い人の場合は色が抜けるのだそうだ。
「体に薬効が入っているんですね。だから体の悪い人は化繊ではなく、こういうものを身につけるといいと思います」

◎サロン クローバーhttps://salon-clover.tokyo/
東京都渋谷区千駄ヶ谷5−17−2 パレス北参道105
TEL:03−3883−3585


◎「サロン クローバー」に関する体験談

『ビワと健康』  2022年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワのある店 > サロン クローバー
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。