赤坂溜池クリニック

東京都港区赤坂1-5-15溜池アネックスビル5階 TEL:03-5572-7821

近年、漢方薬はじめ鍼灸、指圧といった東洋医学や民間療法を治療に導入する医療機関が増えつつあるが、まだまだ患者のニーズに十分応えられる状況とは言い難い。
そんな中、ホリスティック医療を専門とする「赤坂溜池クリニック」(降矢英成院長)が誕生し、話題になっている。(降矢院長へのインタビューはこちらです。)

同クリニックは約500人の医師・看護婦・心理療法士など医療関係者が中心になって運営する「日本ホリスティック医学協会」の会員が出資、運営するという新しいスタイルを取り入れている。
診療科目は内科、心療内科、精神科だが、心身ともに不調をもつ全ての人に対応しており、最大の特徴は全ての療法で協会所属の専門家が治療にあたっているということだ。
代表的な治療は心理療法、カウンセリング、食事療法、食生活指導、鍼・指圧療法、ソフト・カイロプラクティック、アロマテラピー、リフレクソロジー、噛み合わせ、顎関節治療、波動診断、ボディワーク、アルファビクスなどで、最近、ビワの葉療法も加わった。
医療相談や健康相談も受け付けており、ホリスティック医療では先駆的存在である帯津三敬病院・帯津良一院長も担当している。

降矢院長は、「自然治癒力を高めることを主眼とし、食事、運動、ストレスの改善という3つの側面から心身医療を施します。最近は患者さんもホリスティック医療に対する関心が高く、自ら治療法を指定される方も少なくありません。どんな療法をどのくらい行うかを私が割り振りし、各専門家の先生方が治療にあたります。自分であちこち治療院を訪ねるのは大変なことですから、1つの場所で、医師の見立てに基づいて治療を受けられることが安心に繋がっているようです。協会所属の先生方は、協力を惜しまない意識が強く、お陰であまり例のないクリニックが出来たことに感謝しています」と語る。

また、ビワの葉療法の導入については、「帯津三敬病院で使われて効果を上げていることは知っていました。重い鬱の状態でなければ、身体からのアプローチとしてとても有効だと感じます。ここではガンの患者さんにビワの葉温灸を始めたばかりで結果はこれからですが、気持ちがいいと喜ばれています。健康増進、健康維持のうえでも実績のある療法ですから期待が持てます」と話した。

溜池交差点角という利便性の高い場所がら、地元住民以外にも周辺に勤務する会社員や遠隔地からの来院も多いという。
『ビワと健康』  97年11月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 医療機関のご紹介 > 赤坂溜池クリニック
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入