びわエキスでホクロが消える

山口県周南市 鬼塚侃 さん

親指の爪ほどもあったホクロにビワのエキスを塗ってみたところ、だんだん薄くなって消えてしまい、ビワの効果に驚いています。

ビワの葉療法とは妻がビワ温灸の資格を取ったことを通じて出会いました。

特にビワの効果を実感したのは花粉症です。ビワの種を勧められて飲んだところ、以前は一晩でティッシュペーパーを1箱使うような状態だったのが、今ではちょっと風邪を引いたかなという感じでティッシュを1枚か2枚使う程度になりました。

花粉の時期を過ぎても飲んだほうがいいというので今でも毎日飲んでいますが、おかげでシーズンになっても全然出ない状態です。
また、5年ほど前に肺ガンの手術をして、毎年PET検査をしているのですが、結果は上々で今のところ再発はしていません。半年ほど前から足が痛くなり妻に勧められて自分でビワ温灸器を当て、重岡先生の所でも施術をしていただいたりしていました。

ちょうどその頃、昔で言うシミボクロというか、イボのようなホクロが顔にできたのです。
左の目の上に小指の爪ほどの大きさのものが一つ、右目の上にマッチの軸ぐらいのものが一つ、右側に人差し指の爪ほどのものが一つ、その下に粟粒ぐらいのものがぶつぶつとあり、その下の耳の横あたりに親指の爪ぐらいの大きさのものが二つできました。
もともと私は肌がとても弱く、夏場になると、蚊に刺されると2、3センチの大きさに赤く腫れてしまいます。雨の時、ハゼノキに当たった雨粒が跳ね返って手のひらに当たると、手のひら全体が赤くかぶれるほどで、大げさなようですが、それぐらい敏感なのです。

皮膚科に行って軟膏をもらいましたが、塗ってもまったく効果がありません。そんなとき、ビワ温灸を自分で当てていて、温灸器に使っているビワのエキスを塗ってみたらいいんじゃないかと思いついたのです。
ビワのエキスはそのままでは塗りにくいので、綿棒を使います。ビワエキスに綿棒を浸け、ヒタヒタになるぐらいに染みこませてからホクロに塗ります。
女性がお化粧をするように、まず朝起きて顔を洗ったときに1回。夕方、風呂に入ったときに1回、だいたい1日に2回ぐらい塗りました。4月頃のことだったと思います。
それを3ヵ月ほど続けている間に、最初のホクロの厚さを10とすると、8、7、6という具合に薄く、小さくなっていきました。それで「ははあ、ビワのエキスが効くんだなあ」と思ったのです。

今では左目の横の粟粒のようなものがほとんどわからないくらい薄くなりました。最初の頃は指で触ればわかるほどでしたが、今では鏡を見なければわからないほどになっています。残りも最初の高さを10とすると、2か1ぐらいまで薄くなりました。
重岡先生のところでも、私がホクロやイボができてビワのエキスを塗ったら消えたと話したところ、お客さんの中に私もやってみようという人が出ているそうです。
気軽な気持ちで試してみたことですが、改めてビワの効果を実感しています。

『ビワと健康』  2019年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > びわエキスでホクロが消える
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。