若石足療 あしもみやさん

静岡県浜松市中区領家2−10−23 TEL:090−8862−1195


足もみとビワ温灸を併用した施術により、その相乗効果で着実に実績を上げている「若石足療 あしもみやさん」の菊地幸子代表。

かつてご主人の闘病時に用いた棒もぐさのビワ温灸は生葉の入手や火の使用で生じる煙や臭い、火傷の心配などで手間取ったが、導入した遠赤外線のビワ温灸は気持ちの良さはそのままに安全でお手軽、相性も抜群とか。
菊地代表に話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    20年前、主人をガンで亡くし健康に興味をもちました。
    闘病生活を支えた経験を通して健康に携わる仕事で人様のお役に立ちたいと思い立ったのがきっかけで若石健康法の足もみを習得、やがて開業に至りました。
    その足もみを補う療法として気持ちの良さから主人も家族も愛用していたビワ温灸を導入することにしました。

  • 施術の内容と特徴は?
    足もみは台湾式になります。すべて手で揉むのが特徴で施術だけでなくセルフケアの指導にも力を入れています。
    施術する部位は足裏から膝下までの範囲です。
    併用するビワ温灸は腰、背中、胸部、腹部、肩、首周り等、全身に当てています。まず足もみを60分行い、さらに症状に合わせてビワ温灸を20分とか40分行っています。
    施術とともに玄米酵素をもとにした食事の改善指導も行っています。

  • ビワ温灸の利点は?
    第一に痛みを取ること。ガンの方などには体の痛みだけでなく精神面でも優れたリラックス効果を発揮しています。
    遠赤外線の温灸器は火傷の心配がなくビワの生葉も必要ないのでお手軽です。
    また、ご自宅でもご本人や家族間でお手当として行えるのも利点です。

  • 改善例は?
    下顎頭吸収症という難病指定の病気を抱える女性(20代後半)は頭が割れそうに痛むたび市販の鎮痛剤に頼っていました。
    ビワ温灸とビワの種の併用により薬に頼らずに済むようになっています。
    長年の介護職で股関節が変形し痛みがある女性(50代)もビワ温灸で痛みが軽減し、階段を上がることが楽になっています。
    ほかにも耳鳴りや首の痛みでも改善例があります。
    施術直後から血流が良くなり、体の芯から温まり軽くなったと言われる方が多いですね。

  • 取り扱う商品は?
    玄米食が苦手な人でも摂取しやすい玄米を発酵させた健康食品を推奨しています。
    ビワ関連ではお店でビワ茶をお出ししていますし、多様な痛みの症状を軽減させることで重宝なビワの種(粉末タイプ)もお勧めしています。

  • 講習会の開催は?
    足もみは6年やっていて施術者を育てる取り組みも行っています。
    ビワ温灸は導入して期間が短いので、いずれ行っていきたいと考えています。

  • 信条を一言。
    縁あって訪ねて下さった目の前の人を笑顔にしたい。
    健康の和を広げたい。
    そのために日々心を込めて施術に臨むこと。それが私の信条です。
◎「若石足療 あしもみやさん」に関する体験談
『ビワと健康』  2019年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 若石足療 あしもみやさん
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。