とうごうのサロン

宮崎県日南市東弁甲804−1 TEL:090−7989−4654


薬を飲んで症状が出なくなったら完了・・・。
そんな治療に疑問を感じ自然で体に優しい手当てを追求してサロンを開設した竹中可奈子代表。

アロマタッチや遠赤外線サウナと共にビワ温灸が施術の柱となっている。
サロンはガン患者さんのケアを始め癒しの役割を担っている。
皆で一緒に!
フレンドリーな竹中代表に話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    主人の仕事(とうごう整骨院・竹中智之院長)を手伝いつつ私にも何か出来ないかなという気持ちになったのが、一つ。
    23歳の時に顔面神経麻痺を患ったこと、29歳で結婚し不妊治療をしたこと、第二子が2歳になる前に心臓の病気が見つかったことなどから医療について学び始め、西洋医学偏重の現状に疑問を持つようになったのが二つ目。
    さらにサロンを開いてガンの患者さんが多く来られるようになり深く学ぶ必要性を感じたこと。それらがきっかけです。

  • 施術の内容、特長は?
    遠赤外線のサウナ、遠赤外線ビワ温灸、アロマタッチ、ネイルをやっています。
    サウナは座位で全身を囲うスタイルです。
    サウナとビワ温灸の併用は熱の浸透がスムーズになり、特にガンの方にはお勧めです。
    アロマタッチは8本のエッセンシャルオイルを使用し背中と足裏に順に流していきます。最初のストレスケアではアースリズムとラベンダーの2本を用います。次の2本は免疫力を上げるもの、その次の2本は炎症や痛みを取り除き、最後の2本は自律神経を調整するものとなります。
    ネイルは病気の有無に拘らず人気です。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    施術メニューの一つとして取り入れましたが、私自身、頭重感がスーッと消え威力を実感しました。
    ビワ温灸は体調が悪い時ほど良さを感じ易いですね。
    導入に伴いビワ温灸が受けられる場所を探していた人たちが次々と来られました。

  • ビワ温灸の利点は?
    火を使わず、煙が出ないこと。講座で出かける際は、操作が簡単で持ち運びが便利なことも重宝しています。

  • 改善例は?
    ガンのケアで多用しています。
    現在治療中や術後の再発予防で続けておられる人がいて、ガンの大敵とされる冷えの改善で効果を上げています。
    女性はお尻や下腹部など冷える傾向があり、特に子宮、卵巣が冷えると女性ホルモンのバランスを崩し、自律神経失調症や生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸ガンなどに繋がりますが、ビワ温灸を夏から続け冬でも全然冷えなくなった方もおられます。ウツも同様です。
    冷えの改善でビワ温灸は非常に有効です。

  • 扱う商品は?
    ビワ茶、アロマオイル、サプリメント(ミネラル)等です。
    商品ではありませんが講座の一環で健康志向のメンバーと共に春と秋の酵素を作っていて、施術後、お客様に無料で提供し喜ばれています。
    タケノコやタラの芽など山で採取した30種類の植物に海の精や砂糖を混ぜた自然の力に溢れるエキスで、希釈して飲みます。

  • 講座の内容は?
    サウナ、ビワ温灸、アロマタッチ、ネイル等々一通り。
    サロン以外でもコラボ的にカフェや子育て支援センターなどから依頼されて出向いています。以前、商工会議所主催のまちゼミでは、45の講座の中で一番の集客数で注目を集めました。
    『免疫力アップのビワの葉体験』と銘打ったことが良かったようです。

  • 信条を一言。
    私如きが人様の体を良くするなどと思って施術するのはおこがましいと考え、いつも『今日は来て頂きありがとうございます。無になって施術させて頂きます』という感覚で取り組んでいます。

『ビワと健康』  2019年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > とうごうのサロン
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。