鍼灸・整体 三六九堂

東京都渋谷区上原1−18−13 メゾンモア104 TEL:03−4400−7027


端正な顔立ちと落ち着いた物腰、ラジオのディレクターという経歴も加わり紳士然とした印象の志岐貢一院長。

理知的かつ気さくな人柄と分かり易く的確なアドバイスが患者さんから信頼を得ている。

それは志岐院長自らが難病と向き合い、紆余曲折を経て克服した体験の裏打ちがあってのこと。痛いの辛さを知る治療家が確信を得て用いる療法の柱に、ビワ温灸がある。

  • 治療家を志したきっかけは?
    20代後半、強いストレスから自己免疫障害を発症し複数の大学病院を巡るも有効な治療法はなく、半年間自宅療養をしました。そこで自分の体は自分で治すしかないという気づきを得ました。
    35歳で再び体調を崩し、生活を改め、各種民間療法を試し、共生発酵という療法で改善しました。
    それがきっかけで治療家を目指し、心理学や各種療法を学び、鍼灸の資格も取得しました。

  • 三六九堂の名称の意味は?
    弥勒菩薩のミロクが一つ。数秘術では3・6・9は物凄い数字とされていて、自然界においては森羅万象の全てが3の倍数で表され、音の世界ではソルフェジオという体に良い周波数に繋がる数です。
    神の数字とも言われる神聖な数字に心惹かれて名付けました。

  • 施術の内容は?
    鍉鍼、整体、三井温熱、ビワ温灸が柱です。
    強い痛みには鍉鍼を、冷え性など体質改善には三井温熱やビワ温灸を用います。
    整体で大きな歪みを調整してから痛み取りや温めの施術に入ります。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    開業前、東城百合子先生のところでコンニャク湿布やビワ葉温灸を学び、友人の腰痛や肩こりで効果は実感していました。ただ、棒もぐさによる煙や臭いの課題もあって意識の脇に置いていました。
    昨年、頑固な五十肩の患者さんに対して施したところ1回の施術で痛みが取れ、威力を再認識しました。
    遠赤外線の温灸器は煙や臭いの問題もなく、今は施術の柱として定着しています。

  • ビワ療法の利点は?
    一番は副作用がないことです。
    次に気持ちが良いこと。治療法によっては痛みや熱さが伴う短い刺激で治癒力を引き出すものもありますが、ビワ温灸はじんわりと熱が浸透します。
    非常に心地好く、施術中に眠る人もいるほどです。
    そして、痛みが取れること。これは凄い。
    血流改善、血液浄化の効果が如実に感じられます。

  • 改善例は?
    便秘の改善例があります。19歳の女性で気血両虚、腎虚が感じられ、酷い便秘でしたがビワ温灸でかなり改善しました。ただ、IgA腎症の疑いから扁桃腺切除の手術を受け、術後さらに酷い便秘になりました。
    ビワ温灸を根気強く続けて2ヵ月で薬を服用せずに1週間、毎日お通じがあるところまで改善しました。

  • 駅近ですが、患者さんの層は?
    年齢層は幅広いものの30〜40代、女性が多いですね。
    主訴は首、肩こりが圧倒的ながらその実、婦人科系疾患や40代後半では更年期障害の症状が見られ、多くが冷えと繋がっています。気血水の巡りが良ければ基本的に健康は保てます。食事、睡眠、運動、入浴など生活習慣の改善について具体的に指導させて頂いています。

  • 往診はされますか?
    はい。ご高齢の方が中心ですね。
    後期高齢の方は薬漬け状態ゆえに不調の人も多い。
    ビワ温灸は安心で、気持ちが良く、体が楽になると好評です。
    定期的に訪問させて頂いているお宅もあります。

  • 信条を一言。
    基本的に治す主体は患者さん本人です。自分で治すと腹を括った段階で治癒が始まると思います。
    全ての症状は体のメッセージと捉え、自分と向き合うことが必要です。患者さんに寄り添い、地に足つけた治療で徹底的にサポートさせて頂く。それが信条です。
◎鍼灸・整体 三六九堂に関する体験談 『ビワと健康』  2018年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 鍼灸・整体 三六九堂