ビワの種で痒みが解消!

埼玉県春日部市 神野義忠 さん

両足の外くるぶしの上に皮膚疾患を抱え、かれこれ30年以上辛い思いをしてきました。

症状が悪化するたびに皮膚科に通って治療を続けてきましたが、明確な病名がついているわけではありません。
症状としては患部が比較的乾燥していて、特に春先になると痒みが増すことが多いので自分としてはアトピー性皮膚炎なのかなと思ってきました。

発症の元々の原因は、若い頃外回りの仕事をしていて虫に刺されたことです。
当初は市販の薬を塗って対処しましたが、不規則でハードな生活やストレスなどが重なり、完治し切れないまま経過したことが慢性化に繋がってしまいました。
痒くて患部を掻きむしり、皮膚を傷つけてしまって薬を塗る。ようやく傷がかさぶたになり治り始めると強い掻痒感に襲われ、寝ている間に掻きむしってしまう。
その悪循環にとうとう自分の手には負えなくなって皮膚科を受診。当然ながら皮膚科ではステロイド剤が処方されました。

さすがにステロイド剤だと市販薬とは異なり塗布した直後から湿疹は収まり痒みも消えます。
しかし、ステロイド剤とて治りかけの時の強い痒みからは免れられません。
結局、夜中知らず知らず掻きむしって元の木阿弥となるのです。
これをくり返すうち次第に強いステロイド剤へと切り換わっていきました。
最近、気になって使用中のステロイド剤をネットで調べてみて、相当に強いものに変わっていることを知り怖くなりました。
このエンドレスの悪循環から抜け出したくてステロイド剤は控え、患部にワセリンを塗り、夜は包帯を巻いて寝るという対策を講じていますが、前々号の「ビワと健康」で得た情報が大いに役立っています。

末期の肝臓ガン特有の症状で全身に湿疹が出来、酷い痒みに苦しんでおられた高齢の女性が患部にビワの種の粉末を塗って痒みが消え、皮膚湿疹が完治したという改善例です。
私もこれに倣ってワセリンを塗っている両足にビワの種の粉末をパタパタとつけてみたところ、痒みが引いたのです。まさに即効という感じでびっくりしました。
虫刺されの痒さを例にとると、虫に刺された直後は市販の痒み止めの効果は大きいと思います。ただ、例えば、蚊に刺されると直後の痛みよりも赤く腫れてからの痒みの方が何とも耐え難いものです。その痒みを抑えてくれる、そういう感覚です。
痒みは痛みとは違う別の辛さがあります。ストレスが症状を悪化させたり、逆に痒みによる精神的なイライラがストレスを増長させたりもします。
ビワの種を試す前には、傷の自然治癒に効果的とされる市販の傷修復パッドを患部に貼ってみたりもしました。
結果は、期待に反して体全体にポツポツと発疹が出てきたのでやめました。

患部を塞ぐと全身に反応が出る。因果関係はよく分かりません。発疹や痒みといった症状は一筋縄ではいかないことを実感します。
ビワの種を使い始めてまだ2ヵ月ですが痒みの抑制効果に助けられています。
常用のワセリンにビワの種の粉末を練りこんで定期的に患部に塗っています。塗ると確実に2〜3時間は痒みが収まっています。
まだ就寝時の包帯は欠かせませんが痒みのコントロールが可能になったのでステロイド剤からの完全離脱に期待を寄せています。

『ビワと健康』  2018年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワの種で痒みが解消!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入