母の肝臓ガンの水が抜けた!

大阪市鶴見区 ホリスティック養生サロン Lily 田中まり 代表

昨年4月、私の母(鈴木二美子・82歳)の肝臓ガンが判明しました。

持病の糖尿病で通院していて、肝硬変になっていることは何年も前から言われていたので、いつかガンになるかもしれないと思ってはいました。
担当の医師が変わった段階で母の病状は悪化していたようですが、見落とされたのかもしれません。

一昨年の年末、実家に帰った際、母のお腹が異様に膨れていたので違和感を覚えました。
年が明けて3月、電話が掛かってきました。「今、孫たちと一緒にショッピングに来てお店に着いたけど、しんどくて車から出られへん。息切れするねん」と言うのです。
電話越しの声が尋常でなかったので、すぐに病院に行くよう促しました。

母自身もおかしいと思い病院で診てもらいましたが検査に際し、「お腹が凄く腫れてきたし息切れしてしんどいんです。ガンと違うでしょうか?」と尋ねたけれど医師は「血液検査ではガンにはなってません」との答えで、変だなあと思いつつ帰宅したそうです。
しかし、やはりおかしいと思って翌日も病院に行き、看護師さんにもお腹を見てもらうと看護師さんがびっくりして「先生、これ腹水と違うん?」と聞いてくれたので、改めて確認した医師は「ほんまや、腹水や。いや、ごめんやで」と謝られたというのです。
この医師は血液が専門で、偏った判断をしていたようで、血液に出にくいガンもあることを知りました。

今年4月、大きな病院に移りました。付いた病名は『巨大肝細胞癌、肝細胞癌破裂、血性腹水』というものでした。
肝臓の腫瘍は8・6センチありました。
同行した義理の姉が余命を尋ねると「一応1ヵ月、でも破裂しているのでいつどうなっても不思議じゃない」と明日をも知れない感じだったのです。
病院では、82歳でここまで状態が悪いと手術、抗ガン剤、放射線いずれも無理と判断し、何も出来ないとのことでした。
私は重粒子線を受けさせたいと思っていましたが血液の状態が悪すぎて治療の対象にもなれませんでした。
そこで私なりに対策を練り、人参ジュースとミネラル水、ビワの葉とタラの木のブレンド煎じ茶を毎日、3月からはビワの種(錠剤タイプ)も飲んでもらうことにしました。

三ヶ月で見違えるほど元気に

さらに温熱療法を並行して取り組んだ結果、腹水は完全に取れました。
瀕死の状態から3ヵ月で見違えるほど元気になり東京や九州に旅行できるまで回復したのです。
温熱療法は足湯とビワ温熱湿布です。ビワの生葉を体に当て、温めたコンニャクをタオルに巻いてのせる方法です。

ビワの威力を特に実感したのは湿疹の改善でした。
末期の肝臓がん特有の症状で全身に湿疹が出来、その痒みに母は苦しみました。
背中、腕、お腹、とにかく痒くて掻きむしり、体中が真っ赤になって夜も眠れない状況でした。
処方されたステロイド剤は一時的に効いてもすぐにぶり返し、悪循環に陥ることが目に見えていました。

それに代わる自然のものを色々試しましたが、手詰まりになっていました。
あまりに母が嘆くので、たまたま飲ませようと思って購入していたビワの種の粉末にミネラル水を掛け、両手で擦り合わせて母の背中に塗りつけてみました。
すると母が「まりちゃん、痒みが止まった!」と言うのです。
ビワって凄いなと感心し、朝晩塗るように伝えました。塗ればピタッと痒みが収まるのです。徐々に湿疹は収まり、脂性で元からニキビのようなものがあった母の背中は湿疹が消えたばかりか、かつてない奇麗な肌に改善していきました。

因みに人参ジュースは午前中に一杯、ミネラル水は喉が渇いたときにちびちびと1日500ml、ビワとタラのお茶は食事ごとに1日3杯、私は口を酸っぱくして飲んでもらいました。
母は「ガンよりもあなたから言われることの方がストレスだよ」とぼやいていましたが、それくらい徹底して飲んでもらいました。
また、義理の姉が近所に住んでいて玄米菜食とお魚を基本に、極力お肉は避ける食事を作ってくれて食事が管理できたことは非常に大きかったと思います。
とても体調が良く、最近は「自分はガンかなあ」と言い始めています。
落ち着いて充実した生活ができ、「もう奇跡やね」と感謝しています。

◎ホリスティック養生サロンLily
大阪府大阪市鶴見区浜
TEL:080−6135−0138

●「ホリスティック養生サロンLily」のホームページはこちらです。
『ビワと健康』  2018年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母の肝臓ガンの水が抜けた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入