静脈瘤のコブが消えた

東京都清瀬市 M・Y さん (女性・66歳)


右足の膝の裏側に、10年ほど前から静脈瘤ができ、硬く隆起していました。

病院では「これといった治療法はないが、破れて死ぬようなこともない」との診断でした。

しかし、次第に内くるぶしも腫れ上がり、感覚が鈍くなって足をぶつけてしまうことが増え、そのたびに冷湿布をしてもらっていました。

6月にホームケア・サポートを知りました。これまで12〜13回通っていますが、不思議と静脈瘤が柔らかくなり、進行していた内くるぶしの腫れもすっかりとれました。(ホームケア・サポートについてはこちらをご覧ください。)

静脈瘤は血液の汚れや血管の目詰まりが原因だと思いますが、足湯、高電位療法、ビワの葉温灸の3つを欠かさず受けることで血液が浄化され、血のめぐりが良くなったのでしょうか、着実に回復に向かっています。

5月いっぱいストーブを使っていましたが、たぶん冷え症が症状を悪化させていたのだと思います。

その点、病院で受けていた冷湿布の治療は、直接的ではないにしろ、マイナスだった気がします。

ビワの葉温灸はとても身体が温まり、副作用の心配がないので、安心して続けることができます。

『ビワと健康』  97年8月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 静脈瘤のコブが消えた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入