ホームケア・サポート

東京都清瀬市竹丘1−9−24峰の湯どおり TEL:0242−92−5769


《丈夫で長生き》の根拠地を目指し、今年の3月にオープンした「ホームケア・サポート」。 通りに面した店内では、電子健康器、足湯、ビワの葉温灸等が体験できるほか、随時健康食の調理・研究や各種集会が開けるコーナーが併設され、誰でも気軽に利用することができる。

経営者の千葉鶴三さんは、かつて肺結核に倒れた苦い経験を持っている。
昭和30年代初期。肺に影が診断されただけで就職に支障をきたした時代、退院後、結核を患った仲間と「退院者の会」を結成。13年にわたって厚生省や労働省に陳情を重ねたすえ、社会福祉法人「東京コロニー」を設立している。

かれこれ30年間福祉事業に携わってきたノウハウ。父が大病を患った息子のために遺してくれた家屋。それらを地域の方々の健康づくりに役立てたい…。
使命感にかられ、約1年かけて開設にこぎつけた千葉さんは、こう語る。

「戦後50年間でわが国の環境は著しく変化しました。
空気、水、食物等の汚れに伴って病気が変化し、昭和56年からは悪性新生物(ガン)がずっと死因のトップです。誰もが避けて通れない《汚れ》から自分を守る時代に入っていることを認識せざるを得ません。

当店で体験できるリカバロン(高電位治療器)は、9000ボルトの生体イオンを体内に注ぎ込むことで、人間の生体イオンの衰えを補い、回復させる働きがあります。
同様にビワの葉温灸にも浄血作用があり、血管内の《酸毒》の付着を分解し、目詰まりを取り除くのに効果的です。

また、この施設ではアメリカ製の家全体の浄水器を導入しています。
さらに身体が喜ぶ《食》を研究・調理し、将来は健康食弁当の配達等も考えています。
サークルコーナーは集会や、高齢者や障害者の方々の憩い、友達づくりの空間として無料提供しています。自由にご利用ください。
心の通うお店、ボランティアの組織づくりを拡げていきたいと思います。」

地域密着型のコンセプトに基づく健康づくりの店に対する期待は大きい。

『ビワと健康』  97年5月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワのある店 > ホームケア・サポート
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入