自然療法ケアサロン ゆぱゆぱ

秋田県大館市御成町3−7−64 藤嶋ビル203号室 TEL:090−6252−7406


当初、40代の女性を対象にイメージして開業したもののビワ温灸と官足法を併用した施術が対応するニーズの幅は広く、60代の男女半々のお客様が多くなったという自然療法ケアサロンゆぱゆぱ。

日景結香代表の気さくで親身な人柄と落ち着いた雰囲気の施術空間は居心地が良く、最近は親子や夫婦連れが増加中という。
ホリスティックな医療の普及に情熱を注ぐ、日景代表に話を聞いた。


  • 治療家を志したきっかけは?
    母親が50歳で喘息になり、病院の治療だけでは良くならず食事療法を始めました。
    さらに改善の後押しが出来ればとビワ温灸と官足法を施すうちに、喘息発作が起きなくなりました。また、私自身も生理痛が酷く薬の副作用で頭痛などの辛い思いをしていましたが、これらの療法で改善し、風邪もひかなくなりました。
    こうした体験がきっかけとなり、ホリスティックな考えに基づく施術を通じて地域の方々のお役に立てればと思い立ち、開業に踏み切りました。

  • ゆぱゆぱの名称の由来は?
    高校時代のニックネームから名付けました。
    私の名前は結香ですが、活舌の悪い先生の発音がゆぱと聞こえたのです。愛着もありますし、岩手の方言では浮遊感を表す意味があるらしく、不調を抱えている方は体も心もカチカチに固まっていることが多いので、緩めるイメージを持った響きの言葉として用いることにしました。

  • 施術の内容、特長は?
    ビワ温灸と官足法に加え、膝痛に特化したアロマセラピーによるケア等も行っています。
    ビワ温灸はガンの治療後のケアとして副作用や再発防止を目的にしたり、官足法も難治性疾患へのアプローチとして用いることが多く、どちらの療法も陰陽五行がベースにあるので併用しやすく理に適っています。
    完全予約制なのでゆったりと落ち着いて施術を受けられるのが、当サロンの特徴の一つです。

  • ビワ療法による改善例は?
    胃ガンを切除した女性(86)は、全身が不調なうえ、右足が酷くむくんでいました。腎臓を中心にビワ温灸を施したところ施術中に2度尿意を催し、その後、足全体をアロマオイルで揉むことで1回の施療でむくみが解消しました。
    5回の施術で排尿がスムーズになり、身体はすっきり。膝の痛みも軽減してとても感謝されました。

  • 推奨する商品はありますか?
    バッチフラワーレメディや足を正しい形に戻す靴下、冷え改善のための女性用布ナプキン、ビワの種など、良いものを見極めて取り扱っています。

  • 訪問による施術は?
    事情に応じて実施しています。
    市内で近距離だと交通費なしで対応させて頂いています。
    また、月1回、秋田市の知人宅でビワ温灸と官足法の施術会を行っています。
    気軽にご相談ください。

  • 信条を一言。
    お客様の不調だけに捉われず、お一人お一人をしっかり見つめて体と心のサポートをさせて頂く。そのことを一番の理想として日々、学びの心をもって施術に励むこと。
    それが私の信条です。

『ビワと健康』  2017年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 自然療法ケアサロン ゆぱゆぱ
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入