肺の影が薄くなった!

広島市安芸区 レディース鍼灸 福田

肺に影が見つかった女性(40代)は、経過観察となり3ヵ月後に検査があり、さらに3ヵ月後にも検査をしました。

最初に影が見つかったときからビワの種(錠剤タイプ)を飲み始め、鍼灸も週1回のペースで治療して、初めの3ヵ月で影が少し薄くなっていました。

『これはいいぞ』
一気の改善を期待していましたが、そう簡単ではなく次の3ヵ月は横ばい状態でした。

それでも、進行度から見て急激に悪化するものじゃないだろうと判断され、経過観察の期間は延びて次回の検査は6ヵ月先ということになりました。
とにかくやってみないと分からないからと始めた鍼灸とビワの種の併用ですが、まずまずの流れで推移していると感じています。

この女性は子育てと仕事を両立されていて、何もせずに経過を待つのは不安なので頑張りたいと思っておられ、「一緒に頑張ろうね」と励ましあって取り組んでいます。
実のところ、影が見つかる半年前から「調子が悪い」と言われてうちに来られていました。
肩こりが酷くて吐き気を催したり、仕事でパソコンを相手にするので目の奥が痛くなり、さらには激しい頭痛に襲われるなど、やたらと訴えの多い方でした。
「何が起こってもおかしくない体ですよ。検査のチャンスがあったらとにかく受けて下さい」と助言させて頂きました。
彼女は人間ドックを申し込んだそうですが、予約がいっぱいで肺ドックならすぐに出来るということで、とりあえず受けてみたのだそうです。
肺に違和感があったわけではないので、発見できたことはむしろラッキーだったのかもしれません。

人一倍忙しくパワフルに仕事も家事もこなす人だったので、生活の優先順位を決めて頂きました。
まずは自分の体、2番目は子育てで、3、4はぬかして5番目に仕事とし、受ける仕事量を減らして頂きました。
鍼治療を1時間もしていると色々な話をしますから、発想の転換なども促したわけです。
鍼ではガンは取れないので、実績のあるビワの種を続けて飲むことをお勧めし、朝晩10粒ずつ摂るようにされています。
もともと鼻炎などある方だったので、私が見る分にはアレルギー症状にも効果のあるビワの種なので鼻の状態も良いように感じられます。
何よりご本人が鍼治療の後の楽な感覚が、ビワの種を併用することで増しているのを実感されていると思います。

生活の見直しが出来てリズムが変えられたことの意味は大きく、若いだけに無理をすれば進行は早いけれど、養生を心掛ければ回復力も強いのです。
例えば、お腹を自分で押さえてもらえば、圧の痛さが以前とは違ってきているのが分かりますから、「前はもっと痛かったよね」と言えば、「あ、そうです。今日は随分と楽です」といった具合です。
施術をしながら改善を確認しつつ話す言葉は説得力を持つと感じています。
一層の改善を願い、気持ちを合わせて取り組ませて頂いています。

◎「レディース鍼灸ふくだ」に関する体験談 『ビワと健康』  2016年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺の影が薄くなった!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入