顔の発疹が飛躍的に改善

広島県広島市 レディース鍼灸ふくだ 福田玲子 院長

私の娘(40)の顔に出ていた発疹がビワの種(錠剤タイプ)で改善したので報告させて頂きます。
娘は幼少時からとても元気で丈夫な印象しかありませんでしたが、20代になって花粉症になりました。
それと、しもやけが出来やすくなったようで最近では珍しいほど手足の指が赤く腫れ、プチッと割れていかにも痛々しい感じになっていました。

そして、最も深刻なのは顔の発疹で、これは昨年の2月、二人目の子供を産み、断乳した夏辺りから酷くなってきたようです。
傍から見ても「まあ、どうしたの?」と聞きたくなるほどの赤い発疹で、鼻や口の周り、首筋などに出ていて、酷くなると顔全体が真っ赤になっていました。
季節に関係なく、痒みもあり辛かったようです。

娘は看護師ですが、あまり薬を飲んだり塗ったりしたがりません。それでいて、ビワ療法などには、そんなもの効くの?といった感じで医学的な知識があるだけに懐疑的でした。
とはいえ、相当辛かったのでしょう。このまま治らないのではないかと不安を持ったのかもしれません。前々から私が勧めていたこともあり、昨年末くらいからビワの種(錠剤タイプ)を飲み始めました。
それ以前からビワ茶は、少しずつ飲んでいたようですが、それだけでは改善は難しかったようです。

一週間で飛躍的に改善

いざ飲み始めると、辛い症状をギリギリまで我慢をしていただけに効き目を実感できたのです。
朝晩5錠くらいずつ飲んだのだと思いますが、飛躍的に改善したのです。
1週間経たずに「効いたよ!」というメールが届きました。
現在は産休で家に居るものだから、自分で飲む量を試し、何錠でどの程度効果が持続するか、とか結構楽しんでいるようです。
息子も小さいころは喘息があり、2番目の女の子も皮膚が弱かったりで、子供たちにも飲ませていると言っています。

身近な家族ほど案外手強いものです。それだけに、良さが分かると逐一様子が把握できるのでこれ以上のサンプルはありません。
私が鍼灸院を開設して7年になりますが、開業して間もないときに友達の紹介で末期ガンの方が来られました。
抗ガン剤治療を受けられながら、とにかく最後まで子供のためにも仕事がしたいとの意向でした。
駆け出しの私ではガンを何とかすることは難しく、毎日少しでも気持ち良く過ごせて貰えればと鍼治療をしながら、何かもっと出来ないかと探す中でビワ温灸と出会いました。
出来る限りのことはやりたいと思い、ただ一生懸命でしたが、「とても気持ちいい」と喜んで頂き、通って下さったのです。

その後、東条百合子先生の本を通してビワの素晴らしさを再確認し、一連の商品を扱うようになりました。
それが、ビワ療法導入のきっかけとなりました。
娘の改善により、私の中に改善に至る基準が出来たので花粉症やアトピー性皮膚炎の方に自信をもってお勧めしています。
また、全身麻酔をかけた方には、退院されたらなるべく早くビワの種を多目に飲んでもらっています。
全身麻酔は体の様々な機能を低下させるので、ビワによる解毒が早いほど回復も早く感じます。

◎レディース鍼灸ふくだ
広島県広島市安芸区中野5−33−7

◎「レディース鍼灸ふくだ」に関する体験談 『ビワと健康』  2016年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 顔の発疹が飛躍的に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入