株式会社ヒーリング・リーフ

【活躍する人たち】 池下智子 さん

国際線のフライトアテンダントだった池下智子さん。時差や様々な要因が重なり体調を崩す仲間が多く、池下さんもまた例外ではなかった。

暑くなくても毎日びっしょり寝汗をかき、肝臓付近に血管浮腫的なものが出来、体が異常に重くて勝手にガンだと思い込んでしまったという。

そんな中、東城百合子先生が著した自然療法の本と出会い、ビワの葉のコンニャク湿布を試してみたところ、次第に体は軽くなり、いつしか浮腫も消えていた。

ビワに助けられた感覚が強く、アロマセラピーを学んでいたこともあり、伝統的な医療の世界に飛び込むことも考えたが、二十数年前の話。未病ケアの概念は今ほど浸透しておらず、生業にするにはリスクが大きかった。
以来、実業の世界に身を投じてきたが再びビワとの出会いが巡ってきた。
会社の母体グループが淡路島の地域活性に取り組むことになったのだ。
かつて淡路島は全国有数のビワの産地であったが農業従事者の高齢化が進み低木のいちじくに姿を変え、多くのビワ畑は放置された。
将来の農業を担う若者の育成とビワ復活の願いを込め、池下さんはビワプロジェクトを提案、まずビワ石鹸を作った。
また、同島に一軒しかないビワ茶の農家に提案し、新パッケージのビワ茶も作った。
さらにビワ茶の普及を推進すべく、ビワの花を加えることを考案したが、クールジャパンの取り組みで昭和大学の先生がビワの花を分析したところ抗酸化度の数値が高いことが判明。
そこでアンチエイジング効果に着目し、製薬会社とタイアップ。ビワの花をエキス化し、今夏、世界初のビワの花の化粧品、ローションとクリームを誕生させた。

「私の中では健康と美容はイコールで結ばれていて、最近はビワ療法にも力を入れています。ビワを施術に用いるプロの方や普及会で研修を受け、多くの症例に裏打ちされた実績に確信を深めています。別府に健康施設があり、そこでも健康プログラムの一つとしてビワ療法を体験して頂いています。今後もビワの恵みを色々な形にしていけたらいいなと思っています」
ビワ療法の普及に情熱を注ぎ、ラジオ出演では「ビワ大使になる」と明言した池下さん。
その熱い思いは留まるところを知らない。

◎株式会社 ヒーリング・リーフ
大阪府大阪市中央区淡路町4−2−15
TEL:06−7636−6180

◎「株式会社ヒーリング・リーフ」の改善例 『ビワと健康』  2016年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 活躍する人たち > 株式会社ヒーリング・リーフ
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入