間質性肺炎の症状が緩和

宮崎県都城市 上池康子 さん

私の母(76)は3年前に間質性肺炎を患ってしまい、次第に悪化して、息が苦しくて横にもなれない状態が続いていました。

発症から半年経った頃、急速に症状が進む状況下にあって、病院では難病指定されているこの病気には特効薬と呼べるものはないと言われ、何か良い療法はないかと探す中でビワの葉温灸に出会いました。
出会ったといっても、たまたま私自身がマッサージで通っていた所がビワ温灸も行なっていて、相談してみたところ試してみるという話になったのでした。

そこで発行されている10回分のチケットを購入し、母に施術を受けるよう勧めました。
その時点では、私自身にニーズがあってビワ温灸の良さを実感していたわけではありませんでしたから、母としても半信半疑だったと思います。
それでも母は、毎日通いました。1、2回目はそれなりに良さを感じたようでしたが、劇的な改善を実感したのは3回目が終わったときだったといいます。
明らかに呼吸が楽になったのです。
その場所には20回ほど通い、それ以降は私が当ててあげました。

それというのも、母の姿を見て間違いなくビワが良いと確信でき、私が当ててあげたいと思ってビワの指導員の資格を取得することになり、そして、そのカリキュラムにおける実践の対象として母に毎日当てることになったのです。
その期間は1ヵ月続きましたが、母にとっても私にとっても非常に貴重な期間だったと感じています。
胸部を中心に施術していくのですが、まずはビワエキスを胸に塗ってラップを被せておいて、うつ伏せの姿勢で背部の施術に入りました。
腰から背中に向けてビワ温灸を当て進めていくと、「ハァ、ハァ、ハァ」と短く息苦しい呼吸がフーッと息がつけ、呼吸の間隔が長くなるのです。
その後、全身に施していきますが、ビワ温灸でこんなにも変わるのかと毎日体験させて頂きました。

1ヵ月が終わってからは、母に遠赤外線のビワ温灸器を買ってあげ、毎日自分で当てられるようにし、週1回は訪ねて私が当ててあげるようにしました。
咳が出始めると特に辛いので、母は喉にも時間さえあれば朝も晩も、よく当てていました。
およそ2年間、無理さえしなければ普通に生活できたのはまさにビワ温灸のお陰でした。
それでもこの病気は徐々に肺を蝕む病気ですから、去年の暮れに風邪をひいたことをきっかけに状態が悪化してきました。

思えば父が5年前に他界し、その後、あれほど元気だった母が病を発症しているので精神的なダメージが及ぼす影響の大きさを感じますし、担当の医師もストレスが原因となることを指摘しておられました。
今では携帯用酸素は手放せず、トイレに立つだけでも息切れがひどく、具合の悪いときはステロイド薬を投与しなければならないのですが、動かなければ辛くないので自分でビワ温灸を当てています。
背中は当てにくいので、すのこを立て掛け、温灸器をグーッと背中で押し当てるように工夫して当てるようにしています。
苦しそうにしている母の姿をただ見ているだけでは辛いですし、母が自分でも当てられ、また私が当ててあげて「楽になった」と言ってくれるのも嬉しく、ビワ温灸に出会えて本当に良かったと感謝しています。

◎上池康子さんのその他の体験談
『ビワと健康』  2015年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 間質性肺炎の症状が緩和
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入