体外受精をビワ灸で後押し

大阪府堺市 しんかな鍼灸整骨院 花田由美 店長

不妊症で体外受精の治療をされてきた女性(36)が整体とビワ温灸を併用した施療で、うまく着床に至った例をご紹介します。
この方は、お母様のご紹介で来られました。
ちなみにお母様は、看護士さんです。
看護士生活40年のベテランで、看護士長を勤められた方ですが、仕事柄、腰や膝への負担が大きく、数年前から体のケアで当院に通って下さっています。
娘さんの治療がなかなか着床に繋がらないことから、冷えなどの理由があるのではないかと考えられ、ご紹介して下さったのでした。

彼女は自然には妊娠しにくいらしく、以前にも体外受精でお子さんを授かっておられ、どうしても二人目が欲しいと頑張っておられたのです。
ただ、何回も挑戦され、費用もかさむだけに『もう、今回が最後になるかな』と伺っていました。
お母様がご指摘された通り、子宮周りや仙骨周りに冷えがあり、腰には張りが見られました。
彼女は作業療法士で立ち仕事が多く、腰の張りとともに血行不良があって、体が温まりにくい状態だったのです。
当院のメーンの施術は整体であって、ビワ温灸を導入したのはまだ1年ほど前ですが、整体とビワ温灸の併用は効果倍増です。
整体だけで津液を流したり筋肉を弛緩するだけでは保持出来ない体内温度ともいうべきものを、ビワ温灸が補ってくれるのです。
ご本人も施術中は「温かくてホンワカします」とおっしゃっていましたが、まさかこれほど如実に結果に繋がるとは想像されていなかったかもしれません。

ビワ温灸を婦人科系のツボに施す

ビワ温灸は、基本的に腹部と仙骨周り、「三陰交」といった婦人科系のツボを中心に施しました。
但し、彼女の住まいは片道2時間半と遠く、頻繁に来て頂くのが難しい状況でしたので、集中して通っていただきました。
当院で施術をしたのは3回きりです。施術の間隔は2、3日おきで来て頂きました。
実は最後の3回目が体外受精の治療日で、当院から病院に直行されました。
30分後の予約の時間に合わせ、「時間ギリギリまでだと何分までなら間に合うの?」と尋ねながら、施術で体が温まっているうちに治療が受けられるよう、うまくいって欲しいと念じながら目一杯、集中して当てさせて頂きました。
ご本人も妊娠を強く望んでおられましたから、その思いが勝ったように感じられます。

ご本人曰く、日を置かずに「着床は感覚で分かった」とのことでした。
実際には、お医者様の診断が下されたのは2〜3週間後でしたが、これは多分に神秘的なもので母親だから分かるのだと思います。診断を待たずに「もしかしたら今回はうまくいったんと違う」とお母様に話され、それを私たちも聞いていました。
ビワが力を貸してくれた気がします。
なかなか通うことは難しいので自己ケアとして体を温めることを第一として、お伝えしています。

5ヶ月が経過し、順調に育っておられる様子で、無事出産を願っています。
週1回のペースで通って下さっているお母様もお孫さんの誕生を心待ちにされています。

◎しんかな鍼灸整骨院(ご紹介はこちらです)
大阪府堺市北区新金岡町5−6−106
TEL:072−250−4489

『ビワと健康』  2015年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 体外受精をビワ灸で後押し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入