頚椎損傷の激痛に偉力発揮

群馬県安中市 ビワ温熱療法 オリオン 安居恵子さん

18年前、作業中に重い落下物を頭頂部に受け頚椎を痛めてしまいました。

頚椎五、六番目のヘルニア、同位部の後縦靱帯断裂、および頭蓋が頚椎に押しつけられて第一頚椎が旋回したことにより、第一、第二頚椎によって形成されている環軸関節の損傷、さらにそれに付随して頭蓋骨と第一頚椎をしっかり結びつけている靱帯に緩みが生じたことによる頭蓋骨頚椎移行損傷といった複数の診断をうけました。

頚椎五、六番目の症状については頚椎前方固定術と呼ばれる手術(骨盤の骨を移植)を受けましたが、第一、第二頚椎については非常にデリケートな部位であるうえ、状態が複雑すぎて手術を行なうことは出来ませんでした。

症状は、頭と首の境目から上下方向に多岐にわたって出現しました。
首から頭部に向かう神経が圧迫されたことにより、1日のうちに何回も頭に痙攣が走り、僅かな振動でも痛みを伴う衝撃が直接的に脳底部に響くので車に乗ることも出来ず、歩行も普通の人が8〜10歩で歩くところを半歩足を出して進むのがやっとでした。

ちょっとつまずいたり、人と肩が触れたりして体が揺れると2、3分も経たないうちにみるみる首から下に麻痺症状が現れて、立っていることも座っていることも不可能となり、手の力も抜けてコップ一つ持てなくなってしまいました。
一度そうなると頚髄(脊髄)の炎症が収まるまで3〜4週間は起き上がれなくなってしまいます。
そればかりか頭頚部(後部)のひどい痛み、頭の中の圧迫感、耳鳴りは寝ても起きても4時間途切れることはなく、夜寝ていても首が不安定で頭を僅かでも動かそうとすると首がゴキッと音を立てるので、朝起き上がるまで、身動き一つ出来ませんでした。
そのため、何年間も首を支えるギブスベッドに寝ていたのです。

ビワ温灸で劇的な改善

こうした状況の中、首の痛みで動けなくなっていた私を心配し、友人がビワ温灸を施して下さったのです。
痛む首に30分くらい当てて下さっているうちに痛みが和らいできて、起き上がって食事を摂ることが出来たのです。
それまで苦しみぬいてきた私には信じられないようなことで、その威力に大変驚いたのがビワ温熱療法との最初の出会いでした。
その後、数年にわたり棒モグサのビワ温灸を受け、自分でも当てていましたが、家中に臭気が染み込み、燃えカスが畳にこぼれて焦げ穴が出来たりすることは悩みの種でした。
もっと安全で手軽に扱えるものはないかと色々な種類のビワ温灸を調べ歩くうちに、遠赤外線のビワ温灸にたどり着きました。
この温灸はどこに当てても気持ちが良く、煙や灰の問題が一切ないので大いに助かりました。

家事すら出来なくなった私に対して、一切合財を引き受けて献身的に尽くしてくれた主人には本当に感謝しています。
その主人が少しでも人様のお役に立つことが出来たらという思いで、ビワ療法の指導員の資格を取ることとなり、私も一緒にすべての講習学習に参加して、共に学びました。
ビワ温熱療法によって筆舌に尽くせぬ苦痛、疼痛から私自身が助けられたように、周囲の方々のお役に立てればと願っております。
群馬県安中市に引っ越してから、オリオンとして少しずつ働きを進めてきましたが、施術をした方々から「あれ以来、膝の痛みがなくなりました」といったお電話をいただくなど、皆様と喜びを共に出来ることを心から嬉しく感謝しております。

◎ビワ温熱療法 オリオン
群馬県安中市原市2140−20
TEL:027−385−3294

◎「ビワ温熱療法 オリオン」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頚椎損傷の激痛に威力発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入