こころ鍼灸整骨院

秋田県大仙市大曲浜町7−40 TEL:0187−63−2633


一人でも多くの人が笑顔を取り戻せるよう患者様一人ひとりに合った低刺激で優しい治療を提供したい・・・。
医療、治療の基本は「手当て」にあると自負する李正圭(リチョンギュ)院長は、体の不調の根源まで治すべく日々精進している。

そんな李院長が絶対的な信頼を寄せ、レインボー療法とともに施術の柱に組み込んでいるのがビワ療法だ。
話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    小さい頃から小児喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎など病気がちでした。
    また、野球や陸上競技で怪我をしたこともあって健康の大切さを身をもって感じたことがきっかけで、治療を通じて直接的に人様のお役に立てることに意義を感じ、この道を選択しました。

  • 開業の経緯は?
    オープンは昨年9月です。
    それまでは栃木県の田代接骨院で修行をしていました。
    秋田県が郷里で、地域医療という形で貢献できることを願って帰郷しました。
    駅に近い好立地ながら開業から日が浅く、まだまだこれからです。私の地元は郊外ですが、そこからわざわざ通ってきて下さる方も多く、感謝しています。

  • 施術の特長は?
    保険診療と自由診療に分けています。保険診療は柔整が中心です。
    自由診療では、レインボー療法とビワ温灸をミックスさせた施療を行なっています。
    どちらも田代接骨院で導入されていた優れた療法で、レインボー療法は色と食事、さらに皮膚に刺さない鍼で刺激するものです。
    ビワ温灸は体の芯から温めるもので五臓六腑を整える働きがあり、患部や経穴に施すことで短期改善が図れます。

  • ビワ温灸の利点は?
    柔整は主に外傷的な領域がメーンとなります。
    一方、ビワ温灸は内的な領域、例えば不眠症や心身疲労といった不定愁訴的な内容が絡んだ症状に威力を発揮します。
    前述の接骨院では、接骨院であるにも拘らずガンやアトピー性皮膚炎などの患者さんが大勢来られていました。
    私も幅広い症状に対応できるよう努めています。

  • ビワ療法による改善例は?
    ある女性(62)は、仕事と週末のお孫さんのお世話で非常に疲れ、内科に通って毎週点滴を受けておられました。当院でビワ温灸を始めて3ヶ月ほどで体調は改善し、不眠症も解消しました。
    現在は、点滴に頼らず、代わりにビワ温灸を定期的に続けておられます。
    肩こりや腰痛などでも改善例が出ています。

  • 患者さんへのアドバイスは?
    美味しいものを食べ、車を常用している都会人ほど歩かず、体が陰性に傾いてバランスを崩している人が少なくありません。
    甘いものや脂濃い食事をなるべく控え、体力や症状を考慮した適度な運動方法などを具体的に指導させて頂きます。

  • 取り扱い商品は?
    ビワ関連ではビワ茶、ビワの種、ビワ酢が主力です。
    中でもびわ茶は一番人気で、待合室で無料サービスをしています。
    冷え取りのグッズとしては絹の五本指靴下を扱い、重ね履きを推奨しています。
    便通に効く植物性乳酸菌のサプリメントも紹介しています。

  • 信条を一言。
    当院の名称である”こころ”は、ハートではなく、中心の”心”という意味で付けました。
    人はバランスを中庸に保つことで健康になれるわけで、過不足なく、偏りのない体作りを一緒に目指していきましょう、との思いを込めました。
    それが私の信条です。

●「こころ鍼灸整骨院」のホームページはこちらです。
◎「こころ鍼灸整骨院」に関する体験談

『ビワと健康』  2014年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > こころ鍼灸整骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入