卵巣嚢腫の術後ケアに!

千葉県銚子市 Re−body 小原志津子 代表

卵巣嚢腫の女性(31)は、病気が判明したのは10年ほど前だったそうです。
治療せず放置した結果、次第に痛みが出てきて、昨年の夏、どうにも我慢できなくなって手術をされたのでした。
子宮内膜症もあったといいます。
独身なので、卵巣は一つ残し、子宮も残して、癒着した部分だけ切除したのでした。

10月から術後ケアという形でビワ温灸を始めました。
かなり冷えがあっただけに気持ちが良く、痛みの軽減も見られます。
本人は冷えを自覚していましたが、病院では冷えを取るなどの指導は一切なかったと言います。

仙骨の周辺に反応が強く、冷えに奏効していることが感じられました。
ビワ温灸は、仙骨周りのほか腹部や脚、下半身全般に重点的に当てるようにしました。
私がビワ温灸と整体で施術したのは初めの2回だけです。
それ以降は、本人が良さを実感され、ビワエキスをポイントに塗り、アイロンを熱源にして自分でケアをしておられます。

膝痛にも威力を発揮

私の施術は、ビワ温灸と整体の組み合わせで、訪問をメーンとしています。
高齢者の悩みとなっている症状の一つに膝痛があり、ビワ温灸はよく痛みを取ってくれるので好評です。

85歳の女性は、非常に細身の方で顔色は真っ白、見るからに血流が芳しくない感じでした。
膝の痛みとともに力が入りにくい様子で、階段の昇り降りも辛そうでした。
高齢の方だと整体で圧を加えること自体難しく、ビワ温灸が重宝します。
この女性は、ビワ温灸を当てると顔色がピンク色になり「気持ちが良くて眠くなります」と言われます。
膝の痛みばかりでなく、全身の活力が強まることで喜ばれています。

80歳の女性は、少し肉付きが良くグラウンドゴルフを趣味とされています。
膝の痛みは両方ですが、片方が少し腫れています。
気丈な方で多少痛みがあっても我慢してグラウンドゴルフに出掛けられます。
ビワ温灸を当てると痛みが軽減するので喜ばれています。
これからもグラウンドゴルフを続けていくためにも、ビワ温灸は止められないという状況です。

65歳の女性は、前述の二人より年齢は若いのですが、O脚に変形して歩き方が不自然な状態です。
そのうえひどい外反母趾で、歩きにくさに輪を掛けている感じがします。
外反母趾には直接アプローチしませんが、膝の痛みには有効で階段の昇り降りに貢献しています。

ビワの種で花粉症が改善

もう一例。ビワの種により、花粉症で顕著な改善が見られます。
今年高校2年生になった知人のお子さんは、レベル5の重症でした。昨年もビワの種を試してみましたが、あまり効果は実感できませんでした。
そこで普及会に相談したところ、「飲む量を増やしてみては・・・」とのアドバイスを頂き、今年は、添付のスプーンすりきり一杯から、山盛り一杯に増やしてみたのです。
すると驚くほどの効き目で、症状はピタッと収まり「凄い、凄い」と正に感動ものだったのです。
1日2回、登校前と帰宅直後に飲んでおけば、毎日快適に過ごせることが出来たのでした。

効果は計ったように8時間で切れるのでシーズン中は毎日飲まざるを得ませんでしたが、自然の食品なので安心でした。
その子の母親にも喜ばれ、「皆に知らせたいよね」と言って下さっています。

◎Re−body
千葉県銚子市小浜町2276−1−202
TEL:0479−23−9607

◎「Re−body」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 卵巣嚢腫の術後ケアに!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入