夜尿症や膝痛にビワ温灸

千葉県銚子市 Re−body 小原志津子 代表

整体をメーンとした施療を行っていますが、2年ほど前から遠赤外線のビワ温灸を導入してお客さんに喜ばれています。
昔から自然療法には関心があって、現在30歳の娘が小学生になる前からビワ療法をやっていました。
当時、娘は肺が弱く肺炎で二度入院したことがありましたし、喘息っぽいところがあってよく咳き込んでいました。
東城百合子先生の自然療法の本に、ビワの葉とコンニャクを使った温湿布が紹介されています。それを参考に咳き込む娘の胸にビワの生葉を当て、その上から温めたコンニャクを置くというシンプルな方法なのですが、これをするとスーッと咳が鎮まり楽になるので随分と助かりました。

最近では手軽な遠赤外線の温灸器があるので整体との併用で重宝しているわけですが、もちろん家庭でも活用しています。
現在6歳の孫(男の子)が5歳のころ夜尿症で困っていました。弟の方は2歳でおむつが取れていただけに心配でした。
1歳くらいから中耳炎で病院通いをし、病院のベッドを見ただけで泣き出すなど神経質な面もあって精神的に影響があったかもしれませんが、体の冷えも感じられました。
そこでビワ温灸を当ててみたのです。夜、就寝前にまず耳から当て始め、ウトウトと気持ち良くなった辺りで仙骨を中心に腰や下腹部に当ててやるのです。
子供なので無理強いはせず、時間はせいぜい5分くらいでしたが、次第に気持ち良さが気に入って自分から当てて欲しいとせがむほどになりました。
ビワ温灸を始める前は、朝起きるとズシッと重く感じるほど紙おむつは満杯になっていましたが、徐々に量が減ってきて、やがて失敗の回数も減って半年ほどでほぼ夜尿症を克服することができました。

ビワエキスが火傷に奏功

お客さんでは、ビワエキスが火傷に良かったという女性(78)がいます。
私はホワイトリカーにビワの葉を漬け込みビワエキスを自作しています。
小さなスプレー容器に小分けしてサービスで差し上げたりするのですが、そのうちのお一人でした。
いつもは肩こりなどに用いておられ、たまたま指を火傷してしまったので試してみたところ、翌朝には痛みが消え、治りの早さに感心しておられました。
ビワエキスのスプレーは用途は多様で特に喉の具合が悪いときシュッと一噴きすると有効です。
原液だと強いときは薄めますが、この方のように火傷や切り傷といった場合はそのまま噴きかけます。

ビワ温灸は気持ちがよくてリラックスできるので、整体の後に併用していますが、とても好評です。
中でも印象的だったのは水産加工屋さんの女性(68)です。下半身がパンパンに張って冷えており、特に左膝に痛みがありました。
左の太股の内側の何ヵ所かは、整体で軽く触れただけで飛び上がらんばかりに痛がられました。
時間をかけてじっくりとほぐした後、痛みの部位と膝周りにサービスでビワ温灸を行うと見る見る痛みが取れてきて、施術が終わった時点で正座ができてとても喜ばれました。
体が芯から温まり、その日は夜もよく休めたとのことでした。

このように家族にもお客さんにも、ビワ療法を大いに活用しています。
体に優しい自然の療法で即効性もあるビワ療法。もっと多くの方に知って頂きたいと願っています。

◎Re−body
千葉県銚子市小浜町2276−1−6−202
TEL:0479−23−9607

◎「Re−body」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 夜尿症や膝痛にビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入