花粉症対策は前年秋から

愛知県春日井市 奥田永子 さん

ビワ療法は非常に優れた療法でビワ温灸はもちろんビワの種やビワエキスなどでも様々な症状で顕著な改善が得られます。

花粉症では何といってもビワの種(粉末タイプ)をお勧めします。
血液検査でアレルギーの数値が下がる例もあるほどで、効果てきめんという人が大勢おられます。

かくいう私も十数年の花粉症歴を持ち、ビワの種で救われた一人です。
ビワの種と出会う前は、春の花粉シーズンを迎えると目が猛烈に痒くなり、鼻水と鼻詰まりが交互に起きて鼻呼吸は出来ず、常時口を開けての呼吸だから口の中が乾いて、辛い日々を余儀なくされていました。

そんな私が今では花粉症と殆ど無縁な状態で過ごせているのですからビワ療法には感謝するばかりです。
私の服用の仕方は念入りです。
通常毎年2月初旬くらいから花粉症のシーズンを迎えますが、私がビワの種を飲み始めるのは前年の11月からです。
ティースプーンに一杯ずつ3時間毎に1回、さらに就寝前にも飲むのです。

シーズン突入の3〜4ヶ月前から備えることで、シーズン中は苦しまずに過ごすことが出来ます。
もちろん、今年の春も全く症状は出ませんでした。
そんな私も、ビワの種と出会った当初はシーズンに入ってから対症療法的に飲んでいました。
しかし、この飲み方だと仕事が忙しくて間隔が開いたり、つい飲み忘れたりすると途端にひどい症状に襲われてしまうのです。
それと添付の小さなスプーンで大目の量を摂取するのもポイントです。
飲む量が少なくて効果を実感できていない人が意外に多いようです。
辛い症状が、体に負担のない自然のもので克服出来るのですからこれほど有難いことはありません。
効かなければ意味はありません。人にお勧めする際は、必ず多めに飲んで頂き、効果を実感してから徐々に適量を掴んでいく方法をお伝えしています。
実のところ、花粉症はビワエキスで鼻うがいをすれば一発で楽になります。
とはいえ、皆さん「痛くて嫌だ」と敬遠されます。誰しも痛いのは嫌なので理解できますが、有効な方法です。一応ご紹介まで・・・。

基本的にはビワの種だけで十分に対処出来ます。
但し、前年11月から始めないとダメです。そうすることで私は春先のピーク時でもマスクは要らないし、症状自体出ないのです。
また、ビワの種の服用を始めて肝臓や脂質(コレステロール)の検査で数値が改善した方が三人ほどおられます。
ビワの種の影響ばかりとは言い切れませんが、三人ともビワの種を多く摂取しておられ、半年が経ったころから体調の変化をはっきりと自覚されています。
ご本人の感覚的な変化としては、眠りが深くなり寝起きが楽になったといわれます。
三人は60代〜70代半ばで「検査の数値が元に戻りました」とか「良くなりました」と報告して下さいました。

口内炎、歯肉炎が改善

口内炎や歯肉炎ではビワエキスが有効です。
市販のコットンにビワエキスを含ませて口の中にしばらく含んでいると痛みが取れ、炎症による熱も引いていきます。
エキスを口に含んだ直後は患部に滲みて痛みますが、何時間か置きに2回、3回とくり返していくうちに不思議なくらい短時間で痛みは感じなくなります。
大体、1日3回くらいが目安で特に就寝前にやっておくと、翌朝には殆ど痛みは取れています。

水虫にはビワエキス!

主人の水虫にはビワエキスがよく効きました。
お風呂上りにビワエキスをコットンに含ませて患部にペタペタと塗るのです。
水虫の症状にもタイプがあって主人のはカサカサしていましたが、毎日続けることで3ヶ月ほどできれいな足になりました。

ところが、『もう治ったから』と放置していたようでしばらくして再び症状が出てきたのです。
私は自分の花粉症で場当たり的方法では改善も中途半端だと実感していますから、「直ったように見えても中の方に隠れていて、また暴れだしたんだから出てこないようにずっと続けなきゃだめだわ」とアドバイスしました。
それから主人は夏冬関係なく1年中ビワエキスを塗るようになりました。根気強く2年、3年と続けるうちに水虫の症状は全く出なくなりました。
今年の夏、「最近塗ってないけど大丈夫?」と尋ねると「おお、そういやぁ忘れとるな」との返事でした。足を見るときれいな状態で、完治を確信しました。

主人も私も薬は一切飲みません。何かあると必ずビワエキスとビワの種で、私は出かける際はこの二つを常に持参しています。
ビワの種は薬局で市販されているカプセルに斜めにカットしたストローで粉をすくって入れ、ピルケースに入れているのです。
ビワエキスはスプレー容器に入れています。
講習会や座禅のときなどで咳やくしゃみをしている人、口内炎が出来ている人がいるとその場で試してもらっています。

◎連絡先
TEL:0568−33−5618

◎奥田永子さんの紹介記事(活躍する人たち)はこちらです。


『ビワと健康』  2013年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症対策は前年秋から
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入