ビワ温灸で痛みに対応

福島県福島市 ばんない整心整体院 坂内直人 代表

首や肩の凝りはもちろん、凝りがひどくて偏頭痛まで起きている人は多く来られますが、そういう方の中には痛みに対して非常に敏感で、ちょっと触っただけでも飛び上がらんばかりに痛がる方もおられます。

そうしたケースでは、痛みを我慢させて押したり揉んだりすると却って体に力が入って、筋肉も強張るばかりで緩みません。

そんなときお勧めしているのが遠赤外線のビワ温灸です。これだと痛みを覚えることなく気持ちよく温まり、無理なく凝りがほぐれていきます。

整体の施術の中に組み込んでいて、力を加えても大丈夫な部位には手技を施し、とても力を加えられない部位にはビワ温灸を行なうのです。
ビワ温灸を当てるポイントは、痛みの部位とその周辺の筋肉、さらには現れている症状に関連する経絡やツボです。
足や腰など、全身を対象にはしていますが、やはり中心は痛みや凝りといった辛い箇所となります。

その方の症状に合わせて20〜30分当てることもありますし、痛みで殆ど触れないといった場合だとビワ温灸が施術のメーンとなることもあります。
手技を施術の柱とされている治療家の方には、痛みに対応できるビワ温灸は重宝かつ有効な併用アイテムだと思います。
最近、50代の男性で胸の痛み、違和感、動悸等があった方がビワ温灸で改善した例があります。
胸の違和感は子供のころからあるそうです。病院で心電図をとったり、色々な検査を受けても「どこも悪くない」との結果で、あちこち治療院を訪ねて診てもらったものの良くならなかったとのことでした。
うちのことはインターネットで調べられたらしく、開口一番ビワ温灸を希望されました。

詳しくお話を伺うと日常生活に支障をきたすほどではないまでも、時々襲ってくる痛みは肩甲骨から心臓の少し上に向けて槍で突き刺される感じだそうで、辛いの一言。何とか良くならないものかと願い続けておられたのです。
胸の筋肉はかなり強張っていました。

そこで、槍で突かれる感覚の部位は、二つの温灸器で胸の表と裏から打ち抜き灸を施しました。また、その周辺や肩甲骨周りにも入念に多壮を試みました。
ビワ温灸を続けるうちに次第に強張りは取れてきて、フニャフニャといえるほど筋肉が柔らかくなっていきました。
ご自身でもはっきりと分かり、「すいぶんや柔らかくなった〜。胸の痛みで気づかなかったけれど、むしろ別の場所の凝りが自覚できる」と驚かれました。

あれほど辛かった刺すような痛みはすっかり消え、大変喜ばれました。

◎ばんない整心整体院(ホームページはこちらです)
福島県福島市北沢又字下台前1−43
TEL:090−6453−4817

◎「ばんない整心整体院」に関する体験談

『ビワと健康』  2012年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ温灸で痛みに対応
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入