子宮内膜症の治療を補う

宮崎県都城市 アムールプラス 原口洋子 店長

私の知人の亀元孝子さん(46)は4年前に子宮内膜症が見つかり、ホルモン注射による治療を続けておられます。
その治療の影響で彼女がふらつきや耳鳴りといった副作用で悩まされていることを知り、私はビワ温灸をお勧めしました。
彼女は昨年3月から週2回のペースでビワ温灸を続けておられます。この間、ホルモン治療を続けつつも副作用の症状はかなり軽減し、当初、主治医が勧めていた手術も見送りになっている状況です。

……経緯をご本人に語っていただきます。

  *  *  *  *  *

私は帝王切開をしており産婦人科で年1回定期健診を受けてきましたが、その検診で子宮内膜症が見つかりました。
治療は月1回のホルモン注射を6ヶ月間続けるもので、意図的に生理を止めてしまうため副作用として更年期障害のような症状が現れてきました。
耳鳴り、ふらつき、のぼせといった症状ですが、治療を止めるわけにはいかないし、かといって副作用は辛いしで、本当に苦しい思いをしていたのです。耳鳴りは起きている間中、セミの鳴き声のような音が聞こえますし、買い物に行けば商品の陳列棚が自分に押し迫ってくる間隔で明らかに平衡感覚に異常があり怖くて外出もままならぬ有様でした。
そんな中でビワ温灸を始めたのです。当初、ビワ温灸を受けると、とにかく眠くなりました。
毎回、1時間半かけてゆっくりと会話をしながら受けていくうちに徐々に症状は軽くなっていきました。

原口店長との信頼関係によって安心して受けられ、リラックスしていたのも奏効しているように感じます。2,3回目のときスッキリとした感覚を味わい、この療法との相性の良さを感じたことを覚えています。
今でも耳鳴りはありますが、耳を傾けると「あっ、鳴ってるな」という程度で気になる感じではなくなりました。
ふらつきもなくなり、外出が怖くなくなりました。どちらの症状もビワ温灸の開始から半年ほどで徐々に良くなっていきました。
患部自体は治療を続けているので小さくなってきて、現段階では手術は必要ないと言われています。
かつて下腹部が重く感じていました。これも、ビワ温灸を受けると楽になりますし、ひどかった生理痛も軽くなっています。
ビワ茶を冷やして麦茶代わりに飲んでいますし、錠剤タイプのビワの種も毎朝7〜8粒飲んでいるのも良いかもしれません。

  *  *  *  *  *

亀元さんは、自営業で忙しくされていますが週2回必ず来られてビワ温灸を受けておられます。
そしてビワ茶、ビワの種のほかに漢方の高麗人参をいずれも欠かさず愛飲されています。
劇的な変化がなくてもきちんと続けることで着実に改善を得ていることは大切なことだと思います。

◎アムールプラス
宮崎県都城市年見町5−9
TEL:0986−21−1336

◎「アムールプラス」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮内膜症の治療を補う
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入