足首の捻挫が短期改善

愛知県名古屋市 榊原富子 さん

実家に帰省していたときでした。菜園でフキを採ろうとした瞬間、地面に穴が開いていることに気づかず右足をとられてグギッと捻挫をしてしまいました。

痛み具合からすぐには治りそうになく、名古屋に戻る飛行機のチケットを購入済みだったこともあって気が動転し、『えらいことになった。どうしよう、どうしよう。とりあえずビワ温灸を当ててみよう』と痛めた患部に当てました。

どれくらいの時間だったかはっきり記憶していませんが、とにかく一生懸命当て続けたのです。

患部が炎症を起こして熱を持っているときは、ビワ温灸を直接当ててはいけないという話は以前聞いていました。けれど焦る気持ちが先に立ち、やっちゃったという感じでした。

夜になり、足裏はパンパンに晴れ上がりました。
痛くて痛くて立ち上がることもできず、部屋の中を移動するにも膝で這う状態になってしまいました。

こんなことはしてられない・・・。そこで翌日は患部をビワエキスで湿布して一日中安静にしていました。これが良かったようです。
夕方になり姉と出かける用があり、痛みをこらえながら恐る恐る立ち上がったところ、まだ痛みはあるものの立つことができ、歩くこともできたのです。

思わず「歩けるじゃん」と呟いたほどで、いつの間にか腫れもひいていました。
さらに驚いたのは翌朝でした。痛みは完全に消えていたのです。『私、本当に足をくじいっちゃったの?』とわが身を疑うほどの治り様でした。
私のビワ温灸愛用歴は10年以上になります。自宅では何かあるとまずストックしてある月刊「ビワと健康」からよく似た症例を探し出して参考にするのですが、あいにくこの時は実家だったので『とりあえず・・・』といきなり患部に当てたのが失敗でした。

そうであっても翌日にはビワエキスで一気に改善したのですからやはりビワの威力は凄いと思います。

喉の痛みにはビワ茶

また、私は冬場になると朝起きたときいつも喉に痰が絡んで不快でした。「いやだな、また冬が来た」と思いながら過ごしてきました。コンコンと出る咳ではないのですが、喉を痛めている感覚があり咳き込むこともありました。
今年の初めのことです。

ビワ商品を扱う会社の社長さんからビワ茶で血糖値が下がった例と喉にも良いというお話を伺いました。
さっそくビワ茶を取り寄せて飲み始めました。それまで飲んでいたものをやめてビワ茶だけにし、一日中いつでも飲むようにしたのです。
ビワ茶を飲み始めてさほど経たないうちに気がつくと起床時の喉の不快感がスッキリと取れていました。

この調子で血糖値の方も下がってくれればと期待を寄せています。

アレルギー性鼻炎も

もう一つ、主人の改善例もお話させて頂きます。

我が家は花粉症一家で春先はビワの種(錠剤タイプ)が手放せません。1000粒入りのお徳用サイズを常備して花粉症に対処しているのですが、主人
(55)は「俺は花粉症じゃないから・・・」と飲まずにきました。

ところが、確かに主人は花粉症ではなさそうなのですが年中くしゃみがひどく、それが家族にとっても悩みの種になっていました。
季節に関係なくクシャン、クシャン、クシャンと連発し、そこら中に飛沫がとぶものだから「父さん、もうやだ〜汚い。私と子供がこんなに嫌がってるんだから何とか止まるように自分で研究して。鼻つまんで。息しないで!」とつい小言をこぼしていたのでした。

去年の暮れ、ふと脳裏に浮かんだのがアレルギーの文字でした。
『そうだ、アレルギーかもしれない。ああ、絶対アレルギーだ』
ピーンときて、ビワの種を勧めたのです。
もともと主人の腰痛からビワ療法を始めたくらいですからビワの良さは受け入れていましたし、健康面については私を信頼してくれているので抵抗なく素直に飲んでくれました。

これがまたびっくりでした。あれほどひどかったクシャミはピタリと出なくなりました。たまに冷えたときに少し出ても殆どまれで、最近はビワの種を飲まなくても以前のように間断なくクシャミが出ることはなくなりました。すっかり落ち着いた主人を囲み「アレルギーだったんだね〜」と笑いました。

◎榊原富子さんのその他の体験談はこちらをご覧ください。
『ビワと健康』  2011年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 足首の捻挫が短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入