ぎっくり腰、バネ指が改善

宮崎県 M・Y さん

ビワ療法と出会って20年、遠赤外線の温灸器とビワエキスを愛用しています。

ビワ療法と出会う前、うちにはビワの木が何本もあり、見知らぬ人から「肝臓ガンなんです。葉っぱを煎じて飲むので分けて下さい」とお願いされ、当時何も知らなかった私は、『こんなもので治るのかしら』と不思議に感じたことを記憶しています。

その頃の私は体に不調が起こるとすぐに薬に頼る生活を送っていました。風邪をひきやすく、扁桃腺を腫らしたり、とても丈夫とは言えませんでした。

娘の勧めで始めたビワ療法ですが、愛用のきっかけとなったのはぎっくり腰でした。注射では全く改善がみられず困っていたとき、ビワ温灸で早期改善が得られたのです。
以来、今日に至るまでビワ温灸をいつも手元に置き膝や肩、首などテレビを見ながら当てています。

左手がバネ指になったときは患部にビワ温灸を行ない、その後氷で冷やし、再びビワ温灸を施すという江平カイロプラクティックオフィス(ご紹介はこちらです)で教わった温冷療法を繰り返すことで改善しました。

ビワエキスも重宝しています。即効性があるのは口内炎です。爪楊枝の太い側に綿花を巻きつけ、エキスを含ませて患部に直接塗るのです。他の薬より明らかに治りが速く確実です。

但し、出来るだけ早期に行なうのがコツで、しばらく放置して炎症が大きくなってからだと飛び上がるほど沁みますし、治るまで時間がかかります。 もちろん、それでも根気よく続ければ改善します。

ビワエキスは虫刺され、痒み、すり傷、切り傷、できもの等にも有効です。
主人が目の周りを切ったときも助かりましたし、孫も口の内側を噛んだときなどに用いています。

私は他にも食事に気を配ったり、遠赤外線サウナに入るなどしていますが、ビワ療法を始めてから風邪もひかなくなり体質的に変わったと感じています。 娘も風邪をひきにくいと言います。
長年ビワ療法を続けてきて確かなことは、気持ちが良いことと副作用がないこと。根気よく続ければ必ず良い結果が得られます。

『ビワと健康』  2010年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ぎっくり腰、バネ指が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入