花粉症は脳の誤作動

静岡県静岡市 けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥 院長

当院ではアクティベータ・メソッドと心身条件反射療法という2つの施療を柱としています。まずアクティベータ・メソッドで自律神経のバランスを整え、心身条件反射療法で脳と体の関係を診ていくわけで、例えば花粉症の場合は脳の誤作動と捉えます。

過剰反応を起こしている原因を探っていきますが、症状として顕著な鼻水などは悲しみの感情と絡んでいるケースがあります。人は悲しいとき、涙も鼻水も出ますよね。悲しい感情が影響を及ぼしていたりするのです。また、過去に花粉症で物凄く苦しんだ記憶が感情として脳にインプットされていることが多い。

いずれにせよ脳の反応によって診ていく療法なので、花粉症に限らず殆どの症状の施療が可能です。

私自身30年程の花粉症歴があり、小学生のときから病院通いの常連で、大人になってからアーユルヴェーダの治療を受けにインドにまで行ったほどです。

しかし、体質改善を目指して1週間入院をして治療を受けましたが良くなりませんでした。
日本に帰ってきてからアクティベータ・メソッドに出会い、心身条件反射療法と合わせた施療で首の緊張感を取っていくことで徐々に症状が改善しました。

目や鼻など症状が出ている箇所にアクティベータ器を当てることはしません。全身に施すのですが、特に多めに行なうのは後頭骨や頚椎です。花粉症では頚椎の緊張が強い方が多く、その緊張を取ってあげると楽になります。
1月末に来た小学生は、去年この施療で薬を飲まなくていい状態になったものだから今年も花粉シーズンを前に、お願いしますとのことでした。

この二つの療法により多くの方々に喜んで頂いていますが、この療法でも改善が見られない方にはサイト(SCIT)テクニックを用いて花粉に対するストレス自体をクリーニングしてしまう方法があります。
これを受けると花粉による嫌な感情が思い出せなくなってしまうのです。最近、非常に話題になっているハワイのホオ ポノポノというヒーリングの考え方に近い療法です。

花粉に体が過剰反応を起こさないよう自分の脳で体をコントロール出来るようになるということです。人間に備わる免疫は一兆通りのパターンを有していると言われています。一兆通りとなると、あらゆる病気に耐えうる力を持っているということでしょう。
にも拘らず治らないというのは何か別の要素が働いている。おそらくそれは悪い感情などだと思うのです。それと脳の誤作動に左右されていると思われます。
ここで行なう療法は、一方的に施療を受けるだけなので非常に楽です。弱った気持ちの方に、現状そのままでケアしてあげられるのです。 本当に不思議ですが、悪い感情を思い出せなくなってしまうのです。

但し、花粉症歴が長ければ長いほど様々な記憶が蓄積されています。その人に合わせてケアしていくのです。その点、子供には考え方を説いたところで理解出来ません。むしろ素直に受け入れる分スムーズに改善します。
所要時間は初診が1時間。再診だと30分で、それ以上はかけません。

先日アクティベータ・メソッドのセミナーでハワイに行きましたが、そこでも短ければ短いほど良いとのことでした。時間が短いほど体への負担は少ないし、脳の混乱も少なくて済む。刺激を与えれば与えるほど脳は混乱しどこを治せば良いのか分からなくなるというのです。施療箇所は少なく、時間も短くということでした。
ビワ療法を用いるとすれば、例えばビワ温灸を鼻の周辺に当てるとか、ビワの種をサプリメント的に用いると良いのではないでしょうか。ホームページを見て来られるガンの方は、患者さんの集まり等でビワを愛用されている人も少なくありません。それはそれで良いと思います。

◎けんこうカイロプラクティックセンター(ご紹介はこちらです。)
静岡県静岡市葵区宮ヶ崎町1−2−102号
TEL:054−221−0125

『ビワと健康』  2010年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症は脳の誤作動
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入