アトピー性皮膚炎が改善

大阪府堺市 三砂堂漢方鍼灸院 三砂雅則 院長


全身のアトピー性皮膚炎で辛い思いをされいていた男性(67)がビワ温灸と漢方薬を併用した治療で改善した症例をご紹介します。

この男性は、技術職として現在もお勤めされています。初めて症状が現れたのは58歳のときで、以来、湿疹が出るたびにステロイド剤を塗布して対処してこられたそうです。
しかし、あくまでそれは対症療法であって一進一退をくり返すばかり。

そのため根治を期待されたのでしょう、2年前からは某大学医学部の東洋医学研究所に通って漢方薬を服用してこられたのです。
今年1月まで通われたのですが、ご本人曰く「生薬の種類が増えるばかりで全然効かなかった・・・」とのことでした。

今年6月、庭の木の手入れをした際におそらく毛虫か何かが原因で一気に症状が悪化。
全身に激しい痒みと湿疹が現れ、当院を訪ねて来られたのです。

インターネットでビワ療法を検索し、ビワの葉温熱療法普及会のホームページからアトピー性皮膚炎の改善例を紹介していた当院を見つけたそうです。
7月23日に治療を開始し、週1回のペースで通って頂きました。ほとんど順調に改善は進み11月26日に完了しました。
ご本人はもちろんですが、約4ヶ月間で見違えるほど改善した姿を目の当たりにした娘さんも、「こんなにきれいになって、まるで別人みたい」と驚き、喜ばれました。

この患者さんのアトピー性皮膚炎は、東洋医学的にいうと血虚型の皮膚炎でした。
血虚の状態が続いて皮膚が乾燥し、その乾燥によって皮膚表面のバリアが損なわれ、アレルゲンが余計に入り易くなった結果として炎症を起こし、熱も発していたのです。
治療では熱を取りながら根本的な体質改善を図ったのですが、激しい痒みが顔面、手の甲、頚部、肩、胸、背中、肘、膝、太股、腹部と全身に出ていました。
10年近く患っておられるので、どこか局所ではなく全部なのです。

また、東洋医学でいう腎陰虚という体質で、体の物質が虚している状態で発熱し、加えて気滞血オによる緊張から気の停滞、血の停滞が起こっていました。
体質的な部分と仕事のストレス、その両方が影響していたようです。パソコンを使って仕事をされますが、やはり職場で仕事中に症状が悪化すると話しておられました。
さらに大変なのは夜です。腎陰虚症の方は夜間に症状が強くなります。血の循環が悪化しているため、体が温まってくると痒みが増幅し我慢できずに掻いてしまうのです。
これにはビワ温灸が非常に有効です。

通常、ビワ温灸は体を温めるうえで有効ですが、気の停滞、血の停滞を取り除くことに優れています。
併せて、漢方の外用で皮膚表面の乾燥を防いだり、消毒を施しました。
ビワ温灸の具体的な取穴は、気滞血オや血に関係するツボを中心としました。「膈愈」「腎愈」「肝愈」等です。
また腎虚を補うには「太渓」「三陰交」「陰陵泉」を、さらに熱を取り除く目的で「肩井」「合谷」「天柱」等を用いました。
ビワ温灸により気滞血オが非常によく取れ、自律神経や肝臓の昂りが抑えられることにより、治療後に痒みが増すようなことは全くありませんでした。
むしろ、体の緊張に起因する不眠がなくなり、暫くの期間眠くて仕方がない状態が続きました。
ビワ温灸を受けた日は凄く眠く、翌日まで眠いのです。会社でうとうとしたり、落語を聞きに行っても眠ってしまったそうです。

これはビワ温灸でリラックスして体の緊張が解けたことと、治癒力が高まる過程で体を休めようとする働きから、本来は交感神経が優位な昼間でさえ体を休ませようと作用していたと考えられます。
ホルモン、免疫、神経系はお互いに連携し合っています。やがてそれらのバランスが整ってきて1ヶ月半ほどで眠くなる現象はなくなり、症状も如実に収まっていきました。
季節の変わり目である9月に雨が降ったり気温の変動によって多少痒みが出ることもありましたが、それも大したことはありませんでした。
当院では、症状の変化を6段階で表記し、グラフ化して患者さんとの共通の言葉としています。
5は耐えられない痒み、4はかなり強度の痒みといった具合です。
当初、ほとんどの部位が5もしくは4だったこの方は、治療を終える1週間前には全てがほぼ0になっていました。
「電車に乗って吊り革を握っていても人目につく自分の手が赤くガサガサで恥ずかしかったけれど、もう何ともないですよ」
耐え難い痒みから解放され本来の肌を取り戻して語られた喜びの一言には、長年に渡った人知れぬ辛さが滲んでおり、感慨深さが感じられました。

三砂堂漢方鍼灸院 (ご紹介はこちらです。) 大阪府堺市丈6173−6
TEL:0722−35−8282
(三砂堂漢方鍼灸院に関する体験談)
  • 座骨神経痛が短期改善
  • アトピーを根本から改善
  • 心身症痙性斜頸が改善
  • 全身の痛みをビワで取る
  • 無月経を根本から改善

  • 『ビワと健康』  2008年12月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > アトピー性皮膚炎が改善
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入