聡哲鍼灸院

東京都目黒区自由が丘1−3−28−102 
TEL/FAX:03−5701−0771


植物が好きで環境問題にも精通する遠藤聡哲院長は、温厚な人柄と旺盛な探求心で常により良い治療のあり方と方法を求めて研鑽を重ねる心優しき治療家だ。

患者さんの言葉に耳を傾けることで出会ったビワの葉療法は来院者の大半がガン患者であるこの鍼灸院では、いまや欠くことのできない施療の柱となっている。

自然体という言葉がぴったりの遠藤院長に話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    会社員時代に趣味のテニスの合宿でギックリ腰になった際、独学の治療師に瞬時に治して頂いた経験がきっかけで治療に興味を持ち、会社勤めしながら鍼灸の学校に通いました。
    手に職を持ち生涯現役を・・・と考えていたこともあり、按摩・マッサージ・指圧師の資格も取得して、やがて治療家の道を歩み始めました。

  • 治療院開設の経緯は?
    開業に先立ちホリスティック医療を謳う京北病院の東洋医学科に所属して鍼、お灸、マッサージ、西式健康法、温冷浴、サウナ等を行なうリフレッシュ療法の担当スタッフとして、ガンや肝臓疾患の患者さんと毎日接し、治療しました。そこで禁忌症とされる悪性腫瘍にも鍼灸は有効であると実感し、また、患者さんからも様々な話しを伺い多くのことを学びました。
    1年半勤めたのちに、東城百合子先生が主催する玄米菜食の料理教室や神谷富雄先生のお手当て講習会(ビワの葉温灸)等に参加し、2002年10月に開業しました。

  • 施術の内容および特長は?
    鍼、お灸、ビワの葉温灸が中心で、腹水が溜まっている方には生姜湿布や里芋パスタなどを行ないます。
    必要に応じてオイルマッサージやハープを使った音楽療法も行ないます。
    ガン治療を中心にしていることと全国どこへでも往診に出向くところが特長的だと思います。

  • ビワ療法の利点、改善例は?
    患者さんの要望で導入したビワの葉温灸ですが、咽頭ガンや膵臓ガンの女性で腫瘍が退縮、消滅するといった劇的な改善がみられました。
    ビワ療法の利点は鎮痛作用に優れていること、食欲の増進作用があること、元気が出ること等です。
    食べることは生命維持、健康回復の根幹ですから特に大きい要素です。

  • 患者さんへのアドバイスは?
    食事について、基本的に肉を食べるのは避けた方が良いと考えますが、ストイックになり過ぎないことです。あまりに厳密過ぎて食べるものが無いとか、玄米菜食を無理して嫌々行なっている人がおられますが、食事の内容もさることながら食事を戴くときの心が大切だと思います。 帯津良一先生は、ほんとうに旨いものを食べるときの喜びは自然治癒力を爆発させると言われています。
    感謝して食事することをお奨めしています。

  • 信条を一言。
    自分の考えの押しつけにならないよう良い意味で患者さんのニーズに合わせ淡々と治療をさせていただくことですね。
(聡哲鍼灸院に関する体験談)
  • 初期すい臓ガンに効果

  • ●「聡哲鍼灸院」のホームページはこちらです。
    『ビワと健康』  2008年9月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 聡哲鍼灸院
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入