初期すい臓ガンに効果

東京都目黒区 びわの葉温灸聡哲鍼灸院 遠藤聡哲 院長

初期すい臓ガンと診断された女性(64)が、ビワの葉温灸によって1ヶ月半で腫瘍が消えた症例があります。
ちょうど1年前でした。この方はどこかで『ガンにはビワの葉温灸が良い』と聞いたそうで、ビワ療法を施療の一つに掲げている当院のホームページを見て訪ねてこられたのです。

自覚できる具体的な症状がなかっただけにまさに青天の霹靂、精神的にショックを受けておられる様子でしたが、「手術や抗ガン剤の治療は受けたくない」と言われ、ビワの葉温灸を希望されました。

当院で行なうビワの葉温灸は、ビワの生葉と棒もぐさを用いる方法で第一に肝臓に棒もぐさを当てます。
みぞおちに幾分違和感があるとのことでしたので、肝臓、みぞおち、腹部、足の三里、さらに背中側では腎臓、すい臓の裏といった順に当てていきました。

1回の施療時間は45分、週2回(月・水)のペースで通って頂きましたが、とくに反応点はなかったので毎回各部位をしっかり温めました。
ビワの葉温灸の開始から半月、5回ほど施療した時点で「ビワの葉温灸を始めてから体が温まって調子がいいんです」と喜ばれ、状態が上向いていることが感じられました。

トータル13回、1ヶ月半施療を続けた時点で検査を受けたところ、すい臓の腫瘍はみごとに消えていたのです。
ご本人の希望でビワの葉温灸の施療をしましたが、竪琴による音楽療法を併用しました。
これは、施療後うつ伏せでゆっくり休んでおられる患者さんの治療台に、アイリッシュハープという小型のハープをのせて奏でる独自の方法です。

ハープの音色が治療台に振動し、さらに身体に響く心地好さが特長で、精神的なダメージを受けていたりして癒しが必要な方に行なうようにしています。
もちろん、この方の場合にも有効に作用したと感じます。

◎びわの葉温灸 聡哲鍼灸院 (ご紹介はこちらです)
東京都目黒区自由が丘1−3−28−102
TEL:03−5701−0771

『ビワと健康』  2008年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 初期すい臓ガンに効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入