花粉症にはビワの種!

長崎県佐世保市 八並澄子 さん

マスク要らずで喜ばれる

何年間も花粉症で辛い思いをしてこられた女性(50代)がビワ茶とビワの種で改善した例があります。

この方は看護師です。花粉症の季節になるとマスクが手放せない状態でほとほと困っていたらしく、「何とかならんかね〜」とご相談を受けたので、間髪入れずビワのお茶と種を飲むことをお勧めしました。

ビワの種は市販の錠剤タイプで、一瓶1000粒入りです。これを朝と晩に適量(数粒)飲むだけですが、手軽な割に即効性があり、皆さんに喜ばれています。
この女性も飲み始めてすぐに「これ、良かねぇ。楽になったわ〜」と感謝の電話を頂きました。

ビワ茶やビワの種を紹介する前の彼女は、目が痒くて涙が出るのと四六時中鼻水が出るのとで、毎年この季節になると憂鬱このうえない状況に陥っていたそうです。
それが、ビワと出会って即座に苦しみから解放され、マスクすら必要でなくなったのですから喜びもひとしおだったのです。

ただし、花粉の飛散量は日によって違うので、晴れて風の強い日などは多めに飲まないと症状が出てしまうこともあるそうです。

それでも朝晩10粒ずつくらい飲んでおけば大丈夫とのことでした。
大切なのは続けることです。人間誰しも喉元過ぎれば何とやらで、花粉の季節が終わるとビワ療法をやめてしまう人が少なくありません。しかし、ビワ療法は身体に無害(というより有益)な自然療法ですし、継続することで花粉症ばかりでなく体質の改善も図られるのです。
花粉症がきっかけでビワの種を飲み始め、気がつけば長年悩まされ続けていた不定愁訴が改善されて疲れにくくなった人もいるいると聞きます。
ましてや花粉症はアレルギーの病気ですから、その場かぎりの対症療法ではいつまでたってもくり返すことになってしまうのです。
この女性は、花粉シーズンが終わっても根気よく続けられました。

今年も花粉が飛ぶ季節になり、街中ではマスクを着用している方々を多く見受けますが、まる1年ビワの種を飲み続けた彼女は、マスクは不要。快調に過ごしておられます。
併せて、女性にとっては朗報ともいえる減少として、「体重が減ってきた」ともいわれています。

ビワ茶の持つ利尿効果でむくみが取れる例は多いようですし、種で便秘が改善する例も多々あるそうですから代謝・排泄の効果が現れているのかな、と感じています。
まさに継続は力なりです。ですから私は、ビワ療法をお勧めした方の家をときどき訪ね、続けることの大切さをお伝えしています。

喘息発作も軽減

アレルギーの症状でいうと、喘息の女性(50代)にもビワ茶と種をお勧めしました。
とくに風邪をひくと咳き込みがひどく、これまで何度も肺炎になりかけて大変だったそうですが、ビワ療法を始めてからは喘息発作の回数が減り、たまに発作が出ても以前のような咳き込みはなくなり、随分と軽くなっているそうで喜ばれています。

◎連絡先
長崎県佐世保市重尾町2188
TEL:0956−38−5163

◎「八並澄子さん」の記事は他にもあります。

『ビワと健康』  2008年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症にはビワの種!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入