打ち身や捻挫にビワ湿布

和歌山県海南市 得津カイロプラクティック研究所 得津幸子 院長

農作業をしていた高齢の男性(80歳くらい)は段差につまずいて転倒し、胸を強打してしまいました。

レントゲン検査で骨には異常がないことが判り、打ち身として湿布薬が処方されたのですが痛みは一向に収まらず、施療を頼まれたのです。

「ベッドに横になってください」と指示しても、痛くて寝返りもうまく打てないほどの痛々しさに手技を施すことは難しく、ビワ温灸を行なったうえでビワエキスの小麦粉パスタをして休むように伝えました。

小麦粉にビワエキスを混ぜ合わせ耳たぶほどの軟らかさになったものをクッキングペーパーに塗りつけ、痛みの患部に張りつけてその上からラップを巻くよう指示し、家を後にしたのです。

1週間後に訪ねて様子を伺うと翌日には痛みが取れたそうで「これは良く効くねえ」と感激して話されました。

このビワエキスの湿布は打ち身や捻挫には本当に効果的です。
以前にもやはり高齢の男性がふくらはぎから腿にかけて腫れ上がり、内出血をしていたときビワエキスを沢山塗った湿布を施したところ、僅か一晩で腫れが引きました。

内出血はしばらくの間黒ずんでいましたが、その即効性には驚かれました。
打ち身や捻挫の腫れや痛みにはビワエキスの湿布が本当にお勧めです。

◎得津カイロプラクティック研究所(ご紹介はこちらです。)
和歌山県海南市日方1272
TEL:0734−83−1930

◎「得津カイロプラクティック研究所」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 打ち身や捻挫にビワ湿布
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入