Re・Born(リ・ボーン)

宮城県仙台市宮城野区小田原大行院丁1−2−14 aqua−1401内
TEL:090−6851−8642


お客さまの3割はガンの患者さんや元患者さんというRe・Born。

そのわけは、朗らかで優しく、その内側に凛とした強さを秘める佐藤幹子代表が、自ら真摯に取り組み提唱する「本来の自分を取り戻す」ための施療にある。

心の改善に重きを置く施療は、信頼関係が要となる。
ここには、ただ治療家に依存するのではなく、自ら学び実践し、治すことの喜びが溢れている。

  • 名称をRe・Bornとした理由は?
    Reは再生、Bornは生まれるの意で、本来の自分を取り戻すことをコンセプトに名付けました。
    心や体の病気が治るというのは、悪い自分から新しい自分に変わることではなく、だれもが本来は健康であり美しく、その状態に戻ることだと考えるからです。

  • 治療家を志したきっかけは?
    治療施設に勤務し、末期ガンの患者さんと多く接しました。死への不安や恐怖に悩む方々に、言葉でなく、具体的に関れる方法を模索する中でビワ療法に出会いました。
    まず自身で体験し、優れた心地好さを実感しました。この”あたたかみ”を伝えたいと思ったのがきっかけです。
    ビワ療法と出会って10年になります。

  • 施療の特長は?
    ヒーリング・ヘッド・スパ(脳内トリートメント)、アロマテラピー、ビワ温灸等を行ないます。
    治療家の技術がいくら高くても、患者さんの心が依存している間は根本的な治療に至りません。心の歪みが体に影響を及ぼします。心の問題にアプローチする際、自律神経を司り全身を調整する脳が重要です。その幹脳に働きかけるのがヒーリング・ヘッド・スパで、頭部への刺激のみで症状の早期改善が図れます。タッチセラピーとしては、アロマやビワが有効です。特にガンの患者さんにはビワ温灸が定着しています。

  • 具体的な改善例は?
    低体温を訴える人でも実際には冷えがなく、自律神経の問題から冷えを感じている場合があります。こういう人はビワ温灸で体を温めるよりヒーリング・ヘッド・スパで速やかに解決できます。ジェルを使った細胞を新生化させるリズムのトリートメントと、ホーリースパで脳のストレスがすっきりし、体の深部からのリラクゼーション効果によるものです。オプションでは、骨格・深層組織を意識した特殊なテクニックを用い、フェイシャル・デコルテ・ハンド・フットを施術しています。

  • ビワ温灸の利点は?
    自分で自分に関れる自助療法であり、その心地好さは自身をいとおしむ気づきを与えてくれます。
    最高の家庭療法です。

  • 信条を一言。
    愛と感謝です。
    お客様が心を許してくださらないと施療はできません。また施療を通して私自身が癒されています。

◎「Re・Born」に関する体験談 『ビワと健康』  2007年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > Re・Born(リ・ボーン)
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入