リンパ浮腫改善にビワの力

宮城県仙台市 Re・Born 佐藤幹子 代表


3年前に乳ガンの全摘手術をし、昨年11月に再発した女性(50代半ば)に1〜2回施療していますが、特にリンパ浮腫を取るうえでリンパ流し(手技)とビワ温灸の併用が奏効しています。

乳ガンの方がリンパ節を取るとリンパ浮腫を起こしやすくなります。
医師は疲労に伴って浮腫が起こるといいますが、確かに無理をしているときに症状が現れるようです。

例えば、誰かに合わせて長時間過ごしたときなどで、彼女に浮腫が起きた前日の状況を尋ねるとやはり無理をしています。
一人のときは自分のペースで行動できますが、誰かに合わせて行動するとなると疲れていても横になれないし、休めない状況に陥ります。
リンパ浮腫は、リンパの関門に出やすく彼女の場合は膝裏、太股、足首、手首に滞りがみられ、背中も盛り上がった感じになります。
正直なところ、以前ビワ温灸のみをしていたころは、それだけではむくみは取りきれませんでしたし、一般的なマッサージでも取ることはできませんでした。

現在学んでいるリンパの流し方とビワ温灸を併用すると、難なく浮腫を取ることができます。
もっとも、私の師匠である先生の手にかかればリンパの滞りは一瞬で解消されます。
先日も、腹膜にガンが転移しパンパンにむくんでいた方が、いくつかのポイントを押さえるだけで浮腫が取れるところを目の当たりにしました。
先生は”気”を用いてリンパを流しておられるようですが、私の気ではまだ不十分でそれに替わって補うものとしてビワ温灸を併用しています。
乳ガンの方だと毎日自分でケアしていないとむくみやすいのですが、ひとたび浮腫が起きてしまうと誰か外部の手を借りなければ解消は難しくなります。
但し、浮腫が起きると熱を嫌がる人もいます。
そういうとき私は、アロマテラピーを用いたりしますが、彼女はビワ温灸を好む方なので毎回20〜30分程度当てるようにしています。

昨年11月、再発がわかったときの彼女の精神的なダメージは非常に大きく起き上がることすらできませんでした。
病院では余命1年と宣告され、相当なショックをうけておられましたが、「やれることを最大限やりましょう」と励まし、ビワ温灸を毎日(1日2〜3回)1週間集中して続け、そこから回復の糸口を掴んでいきました。

現在は抗ガン剤を続けつつ前述のリンパ流しとビワ温灸の併用施療で、進行することなく安定しており、本人も「ビワは合っている」と話しておられます。
ビワ温灸は直接肌に手を触れたりしませんが、それでも当てる人によって、うける側には心地好さが違います。
愛情をもって行なうことが大切とされますが、多分に”気”の作用があるのだと感じさせられます。

心が萎えているときに人と関わりながら体を温めることにより改善されるのでしょうし、ビワのエキスに含まれる成分自体にも確かに力を感じます。
安全で、かつ効果のあるビワ温灸は本当に優れた療法だと思います。

◎Re・Born(リ・ボーン)(ご紹介はこちらです)
宮城県仙台市宮城野区小田原代行院丁1−2−14 aqua−1401内
TEL:022−358−1271

『ビワと健康』  2006年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リンパ浮腫改善にビワの力